タグ別アーカイブ: 銀行ローン

銀行ローンの使いどころとはどのようなところか

お金を借りる手段としては様々な方法があり、キャッシングやカードローンは利用者にとって有力な選択肢でしょう。銀行ローンも借り入れしたお金を自由に使えるタイプの融資サービスであり、銀行の口座を持っていれば、申込みをした上で審査が行われますので、審査通過後に契約して融資を使えるようになります。

銀行ローンの使いどころとしては、急な出費が発生した場合や給料日までにお金を立て替えたい用途で使う場合でしょう。マイカーローンや住宅ローンなどの目的別ローンは、家や車を購入する為の資金を借りて使う事に用途が限定されていますが、銀行ローンは借りたお金の用途が限定されていませんので、様々な事に活用する事が出来るでしょう。

銀行ローンは金利面でおすすめです

私は以前複数のキャッシングカードを所持していました。

クレジットカードにキャッシング機能がついたカードや消費者金融のカードも所持しておりました。

所持して1番良かったと感じたは、銀行ローンのキャッシングカードです。

楽天ローンです。

申し込みからカード発行まで全てスマホでした。

私は収入証明を送って、200万円枠でカードを発行して頂きました。

カード発行まで3日程でした。

カードを発行して嬉しかった事は、金利が他のキャッシングカードより低かった事です。

私は楽天ローンをメインカードにしました。

金利が低くなると返済額も減り、月々の支払いが楽になった事を覚えております。

主にコンビニで出し入れをしました。

現在は利用しておりませんが、またお金が必要になったら、楽天ローンを利用します。

銀行ローンとその主たる2つの特長

キャッシングには様々な選択肢がありますが、その1つは銀行ローンです。賃金業者などではなく、銀行という選択肢もある訳ですね。

そのタイプの金融関連の商品には、主に2つのメリットがあります。まず1つ目ですが、手数料が比較的リーズナブルになっている点です。

そもそもキャッシングを利用する以上は、やはり手数料はできるだけ低い方が望ましいのですね。あまり手数料が高すぎますと、それだけコストも高くなってしまいかねません。

そして数ある金融会社の中では、銀行の金利などは比較的低めになっています。少なくとも賃金業者よりは手数料が低めな状況なのですから、それだけコストを抑えられる事になります。ですので色々と節約をしたい時には、銀行ローンを検討してみると良いでしょう。

また銀行ローンには、借りる事ができる金額に関する魅力もあるのです。そもそも賃金業者などの場合は、いわゆる借りる金額に制限が生じるケースが珍しくありません。年収の30%程度に限定される事になるので、あまりまとまった金額の調達が難しい事も多いです。

ところが銀行の場合は、その30%のルールなどはありません。いわゆる総量規制外の金融商品になるので、比較的まとまった金額を借りられるメリットもあるのです。何かの事情があって多くのお金を借りたい時には、銀行の商品のメリットは大きいでしょう。

以上の金利と総量規制という2点が、銀行ローンの主なメリットと言えます。