タグ別アーカイブ: 銀行カードローン

銀行カードローンへの借り換えをしよう

消費者金融からの借入れを行っていると、確かに利便性という面で信販会社のカードローンよりも優れています。返済に関して融通が利くことから、親切な印象を受けるでしょう。しかし、利息制限法で定められている法定金利ギリギリの金利設定で融資していることには変わりありません。

同じ金額を借入れするならば、銀行カードローンを利用した低金利融資を受けると良いでしょう。消費者金融では18%の金利設定が当たり前であっても、銀行カードローンならば同じ利用限度額で14%の金利設定が一般的です。4%の金利差があれば、年数万円もの違いが出ても不思議ではありません。

銀行カードローンの中には、借り換え目的での利用を禁止しているケースがあるので、一概に全てのカードローンに対して借り換えが良いとは限りません。しかし、借入と返済のタイミングを1週間ズラすといった方法を行えば、借り換えを確かに行ったという証拠にはならず、怪しいけれども規約違反とは言えないでしょう。

最初から借り換え目的での申込みを許可している銀行カードローンにすれば、借り換えに対する制限はありませんが、金利がやや高めとなっていることが多く注意が必要です。返済方法と適用金利の2つを比較検討して、銀行カードローンへの借り換えを行いましょう。

消費者金融と銀行カードローンの比較

手軽に利用できるキャッシングとしてまず思い浮かぶのは消費者金融と銀行カードローンです。

このふたつには大きな違いがないようにも思えますが、深く考えずに選んでしまうと損をしてしまう可能性もあります。

このふたつの金融機関の異なる部分、そのひとつが利息です。

借り入れ額が少額なほど利息は高く、高額なほど利息が低くなっていくという仕組みはどちらの金融機関も同じですが、比較すると銀行カードローンの方が利息が低く設定されています。

また限度額についても銀行カードローンの方が高くなっており、より多くの金額を借り入れることが可能です。

さらにキャッシングには総量規制の問題もあります。

消費者金融には「総量規制」という決まりがあるため、収入の少ない方が高額の借り入れを行なったり、収入がない方への貸付を行うことはできません。

そのため専業主婦の方などは事実上消費者金融からの借り入れはできなくなってしまうのです。

利用者の貸し倒れリスクなどを減らす目的で作られた総量規制ですが、この決まりも銀行カードローンには適用されません。

そのため銀行カードローンへの申し込みは専業主婦の方でも行なうことができます。

ここまで聞くと銀行カードローンの方がメリットが多いような気もしますが、その分審査が通りにくいというデメリットがあります。

審査の内容はどちらの金融機関とも明かされていませんが、銀行カードローンには総量規制などの決まりがない分、より慎重な審査をしている印象です。

消費者金融は利息や限度額については銀行カードローンに比べると劣るものの、無利息期間の実施や借り入れ返済のしやすさなど、サービス面に力を入れています。