タグ別アーカイブ: 総量規制

銀行系キャッシングのメリット

キャッシングといえば消費者金融系が有名ですが、銀行系キャッシングにも利用するにあたりメリットとなる部分が多くあります。

そのメリットの一つとしてまず挙げたいのが、総量規制の対象外であるということです。

消費者金融系は総量規制の対象となってしまうため、借りられる上限は年収の3分の1までとなってしまいます。

そのため、年収によっては自分の希望する額を借りられないことになる場合もあります。

しかし総量規制の対象外である銀行系の場合は、年収の3分の1以上の借入であっても返済能力を認められれば借入することが出来ます。

そして、消費者金融系、信販系と比べて金利が低いというのも銀行系のメリットです。

消費者金融系は金利上限が18%台の業者がほとんどですが、銀行系の場合は15%前後が金利の上限となっているので、利用にあたり金利をより安く抑えることが出来ます。

他にも銀行系のATMをはじめ、コンビニのATMなど利用出来る場所が多くあるので、いつでもどこにいても気軽に利用することが出来るというのも銀行系キャッシングのメリットと言えるでしょう。

銀行系キャッシングにもこういったメリットがありますので、キャッシングを利用する際は銀行系の利用も視野に入れて業者選びをするようにしましょう。

総量規制対象外のカードローンを優先的に申込みしよう

改正貸金業法が完全施行されて以降、貸金業法を法的根拠として貸金業務を行なう消費者金融や信販会社は、総量規制の影響を受けることになりました。総量規制とは、貸金業法の適用を受ける貸金業者全てからの借入合計額が、年収の1/3以内に制限される規制です。

銀行カードローンや信販会社カードローンならば、銀行法と信用金庫法という別の法律の適用を受けるので、そもそも総量規制対象外です。年収の1/3を超える利用限度額設定も審査に通過すれば可能となるので、借入額が多い人であっても収入次第では新たな借入を受けられます。

総量規制対象外のカードローンは、消費者金融よりも低金利で融資を行っていることが多く、無担保ローンでありながら年利15%未満で最初から融資が受けられます。なぜなら、間に保証会社を挟むことにより、銀行や信用金庫が直接貸し倒れリスクを負担する必要が無い仕組みが採用されているからです。

万が一長期延滞を起こす利用者がいても、保証会社に対して代位弁済請求を行なうだけで解決してしまうので、最初から低金利融資を行なっても損をすることがありません。保証会社は損をすることになりますが、後から法的措置により債権回収を行えば良いだけです。