タグ別アーカイブ: 消費者金融

消費者金融の利息はこれ以上安くなるのか?

総量規制などが始まってから、消費者金融の金利というのはかなり安くなりました。

現在では、上限金利よりも安い金利で運用しているのが主ですが、金利はこれ以上安くなったりはしないのでしょうか?

結論から言うと、金利を安くしたくてもなかなか難しい現実があるでしょう。

ただでさえ金利での収入が減っている中で、ピークは住んだとはいえ、過払い金請求からの回復も十分ではないでしょう。

そういった状況もあることから、金利を下げることは収益を下げることになりますのでやることは難しいのです。

そんな厳しい状況であることから金利上限を上げる法改正を求めるくらいです。 業界としては相当厳しい状況なものですから金利を今よりも下げるというようなことはしないでしょう。

はじめてのキャッシングは大手消費者金融業者を比較する

親に相談すると恥ずかしいし、友人に頼み込むのも迷惑をかける、お金に困ったときというのは、やはり業者からお金を借りるのが一番問題が起きにくく、返済さえしっかりすればスムーズにピンチを乗り越えることができます。初めてのキャッシングにおいてどこの業者を利用しようかまずは調べることが大切です。

消費者金融が最も身近で借りやすいですが、大手の業者としてはアコム、プロミス、モビット、アイフルや、レイクなどがあります。インターネット上にはこうしたキャッシング業者をまとめて比較することができるサイトがたくさん存在しており、それをチェックすれば似ているようで微妙な違いのある業者のサービスの特徴を知ることができるでしょう。

また比較するときには口コミをチェックしてキャッシングをしている人たちの満足度や評価を知るのもよいことです。そしてここがいいかなと思えた業者を選ぶことができれば、その業者のホームページをチェックしてみて、オンラインでの申し込みという流れで進めていくことができます。

こうした大手の業者は大手銀行グループに属していますので安定感があるし、申し込めば審査結果が出るのもかなり早いのであっという間にキャッシングが可能になります。

消費者金融と銀行カードローンの比較

手軽に利用できるキャッシングとしてまず思い浮かぶのは消費者金融と銀行カードローンです。

このふたつには大きな違いがないようにも思えますが、深く考えずに選んでしまうと損をしてしまう可能性もあります。

このふたつの金融機関の異なる部分、そのひとつが利息です。

借り入れ額が少額なほど利息は高く、高額なほど利息が低くなっていくという仕組みはどちらの金融機関も同じですが、比較すると銀行カードローンの方が利息が低く設定されています。

また限度額についても銀行カードローンの方が高くなっており、より多くの金額を借り入れることが可能です。

さらにキャッシングには総量規制の問題もあります。

消費者金融には「総量規制」という決まりがあるため、収入の少ない方が高額の借り入れを行なったり、収入がない方への貸付を行うことはできません。

そのため専業主婦の方などは事実上消費者金融からの借り入れはできなくなってしまうのです。

利用者の貸し倒れリスクなどを減らす目的で作られた総量規制ですが、この決まりも銀行カードローンには適用されません。

そのため銀行カードローンへの申し込みは専業主婦の方でも行なうことができます。

ここまで聞くと銀行カードローンの方がメリットが多いような気もしますが、その分審査が通りにくいというデメリットがあります。

審査の内容はどちらの金融機関とも明かされていませんが、銀行カードローンには総量規制などの決まりがない分、より慎重な審査をしている印象です。

消費者金融は利息や限度額については銀行カードローンに比べると劣るものの、無利息期間の実施や借り入れ返済のしやすさなど、サービス面に力を入れています。

消費者金融が利用できる環境について

日本には全国各地にATMがありますが、コンビニなどにあるATMまで考えると非常に膨大な数のATMがある事になります。大手の消費者金融はコンビニなどのATMとも提携しているので、24時間いつでもカードを利用してキャッシングを利用する事が可能です。これは非常に便利と言えるでしょう。

お金にどこでいつ困ってしまうのかは、誰にもわかりませんが、消費者金融と契約をしておくだけで、お金に困った場合に役立てる事が可能なのです。またキャッシングやカードローンを利用したい場合は返済を行う必要がありますが、提携先のATMでも返済が可能です。

日中返済に遅れてしまった場合でも、仕事終わりに返済する事も出来るので、安心してキャッシングを利用した生活が出来るのではないでしょうか。日本ではキャッシングを便利に利用できる環境が整っているので、快適に活用する事が出来るでしょう。

このように消費者金融は非常に便利に利用する事が可能になっていますが、実際に利用する場合は使いすぎに注意する必要があるでしょう。また提携ATMは非常に便利ですが、手数料なども必要になるので、後先の事を考えた上での利用を考える必要があります。上手に活用して役立てていきましょう。

中小の消費者金融の審査は通りやすいのか

街金とも呼ばれることもある中小の消費者金融はなんとなく怖いというイメージがあるのではないでしょうか。しかし、それはほとんどが街金を闇金と混同しているだけで、金融庁に登録している消費者金融は中小であっても貸金業法の適用を受けますから、上限金利を超えた利息を取ることはありませんし、違法な取り立てをすることもありません。法律の枠外で営業している闇金とは全く違った存在です。

もう一つの中小の消費者金融についての誤解は大手の消費者金融よりも審査が厳しくないということでしょう。それは中小の消費者金融は大手の消費者金融との競争に勝つために審査に通りやすくしているいうものですが、納得しやすい理由といえます。

しかし、実際には中小の消費者金融が大手の消費者金融よりも審査に通りやすいということはありません。消費者金融に限らず金融機関はそれぞれの審査基準に基づいて審査をして融資を実施します。それはそれぞれの消費者金融が融資を実施して、その融資したお金が返済されるかどうかということが最も重要であり、返済可能な人と判断すれば融資を実行するのです。

融資が返済されないと消費者金融の経営に関わりますから、競争の為に審査を大手の消費者金融よりも通りやすいということはありえないのです。

消費者金融は大手以外に中小も魅力的なキャッシングがある!

消費者金融と言うと多くの方が、アコム、プロミス、アイフルそしてモビットという大手企業を思い浮かべます。しかし、これら大手消費者金融以外に中小消費者金融も多く存在し、大手と遜色のないキャッシングサービスを提供しています。消費者金融の最盛期には、現在の大手以外にも多くの貸金業者が広告を行い、無人契約機を設置して融資を行っていました。現在では、広告活動はインターネットをメインとして営業する消費者金融も多くなっています。

そして、これら中小消費者金融には大手消費者金融にはない魅力があります。特に大手の審査通過率は45%前後で推移しており、審査落ちしてしまう方が必ずいます。そこで審査落ちした方には中小消費者金融を選択することをおすすめします。

中小消費者金融の魅力は、大手消費者金融の審査ではシステム的に融資不可となる申し込みブラックや信用度の低い方でも独自審査基準によりしっかりと審査対応し、必要な金額を融資してくれる可能性があります。収入があり返済能力が伴っていても、書類上の与信が悪く借り入れ出来ないといった方でも、柔軟審査に対応した中小消費者金融から借り入れ出来るため、大手の審査が全滅してしまった場合でも借り入れ先が無くなってしまうことはありません。また、中小消費者金融は大手消費者金融が対応していない顧客との契約を行うことに対し、積極的な面もあります。

消費者金融の自動契約機で申込手続きをするメリット

消費者金融はここ数年でほとんどの業者がWeb完結で申込手続きをする事が可能になっていて来店不要でキャッシング出来ると評判になっています。しかし今まで申込手続きをしていた自動契約機も最近では駅前や国道沿いなど便利な場所に設置されるようになってきています。現在はWeb完結で申込手続きをする人が多くなってきていますが、自動契約機で申込手続きをするとメリットになる事もあります。

Web完結で申込手続きをする場合は振込キャッシングになるので銀行の営業時間を考える必要があります。しかし自動契約機で申込手続きをする場合はカードを利用して借り入れをするので銀行の営業時間に影響される事はありません。カードで借り入れをする場合は遅い時間でも対応してもらえるというのがメリットになります。

自動契約機は自動化されているのでとにかく申し込みからカード発行までのスピードが早いです。しかも不明な点があった時は備え付けの電話でオペレーターに質問出来るのでスピーディーに契約手続きを完了する事が出来ます。特に今すぐお金が必要で急いでいるという人はメリットになります。

自動契約機は土日祝日でも営業しているので仕事をしている人でも申込手続きがしやすいというメリットがあります。しかし年末年始だけは営業していないので注意しましょう。

消費者金融は即日融資ができます

およそ1455万人が利用していると言われているのが消費者金融です。消費者の信用を担保として小口融資をしています。担保や保証人を必要としないので、他人に迷惑をかけることなく利用できます。

そんな消費者金融の1番のメリットは、即日審査、即日融資という点です。ネット環境があれば、24時間365日いつでも申し込みができます。そして申し込んだその日のうちに審査、融資実行が可能です。

消費者金融会社によっても様々ですが、最短5分で審査結果がでて、40分で融資実行が可能なところもあります。ただひとつ気を付けたいのは、申し込んだ時間によって当日ではなく、翌日融資となる場合もある点です。

大体消費者金融の営業日の午前中に申し込みをすれば、その日のうちに融資実行が可能です。金融機関によっては、午後3時までに申し込みをすれば大丈夫なところもあります。

審査が通ると必要となる書類は2種類あり、ひとつは身分を証明する書類で、もうひとつは、収入を証明する書類です。

身分を証明する書類で代表的なものには、運転免許証やパスポート、健康保険証などがあります。金額によっては収入を証明する書類は不要となりますが、借り入れを申し込みするときに調べておくとスムーズです。

一定期間無利息のキャッシングは利用価値あり

キャッシングは、消費者金融会社などからお金を借りることです。

そのため、キャッシングは怖いというイメージがあります。

消費者金融会社などの金利は、銀行よりも高いです。

しかし、キャッシングの仕組みを理解し、ルールをちゃんと守ればとても便利なものです。

キャッシングの年利は、5.0%から18%に設定されていることが多いです。

ところが、最近、一定期間無利息で貸し付けを行なっている会社が増えてきています。

お金に対して敏感な人たちは、一定期間無利息というキャッシングを上手に利用しています。

一般的に、消費者金融などのCD機から現金を引き出す場合、時間外手数料はかかりません。

一方、深夜にお金が必要となった場合、ATMから現金を引き出すと108円の手数料が必要となります。

そのため、ATMの時間外手数料を取られる時間帯にお金が必要になった場合、キャッシングを利用しているようです。

また、結婚式の費用など少し大きな金額が必要となった時、無利息キャッシングを利用するという人もいます。

クレジットカード払いの場合、結婚式費用と利息を支払う必要があります。

しかし、30日間無利息というキャッシングを利用すれば、利息を支払わず結婚式の費用だけの支払いで済みます。

このように、無利息キャッシングは、利用の仕方次第で生活にゆとりを与えてくれる利用価値の高いサービスといえます。

ここも参考になります↓
無人契約機ガイド※即日キャッシングも可能