タグ別アーカイブ: 専業主婦

自営専従者の見做し方には注意!専業主婦扱いになることも!

消費者金融でキャッシング契約を行う際、原則として本人に安定した収入があることが条件となっています。そのため、専業主婦は配偶者貸付以外は契約することができません。

では、配偶者が会社を経営している方で自身はその会社に勤務している場合は、会社員やパート・アルバイトと同じように契約ができると考えます。

ですが、消費者金融の中には配偶者が経営する会社の自営専従者となる場合、専業主婦と同等の扱いになることがあります。この場合、配偶者の収入が減少は連動するものと見做されてしまい、収入が安定しないということになっています。

ですが、重要なことは会社規模であり、安定した収益が確保して社会的にも信頼できる会社であれば、キャッシング契約出来る可能性はあります。ただし、個人経営で家族企業という場合には審査では不利になるため、申し込みには注意が必要です。

私は25歳で結婚し、専業主婦でした。

時間があればネットサーフィンをして色々な物を通販で買うようになり、30代前にクレジットカードを持ち、そこから一気に買い物依存症になってしまいます。

ショッピング枠がなくなれば、キャッシングで支払いをするという生活でした。

しかし、働くようになってからお金のありがたみを痛感します。旦那のお金だとどんどん使っていた私も自分が働くようになってお金の大切さに気づきました。

今も買い物は大好きですが、クレジットカードをうまく利用し返済に追われることなく生活しています。

キャッシングすることは減りましたが、私はキャッシングを利用するのは悪いことではないと思います。困った時に上手く計画して利用することが大前提ですが。

お金に困ったりするのはみんな同じです。これから利用する人がいるとしたら生活を円滑に送るために前向きに借りて欲しいです。