タグ別アーカイブ: 審査

審査に落ちた後の対応方法について

審査に落ちてしまったとき、お金を借入できるところを探しておかないとと思って他の消費者金融などに

わからずに審査を申し込んでしまうと、虫込自体できなくなってしまう危険性があります。

そうならないためにも、審査をもう一度別のところでする前になぜ落ちたのかを検討しましょう。

審査に落ちるのには理由が多くあります。 不備があったり、借入額がほかで多かったり、うそをついたとかなどいろいろなものがあります。

そういった理由がある中で、審査に落ちたりするような理由がはっきりとわかっていないとまた審査に申し込んでも散るだけです。

ですので、自分の原因を分析して、それに合った対処方法をしてから改めて申し込みをしてみましょう。

消費者金融の審査に甘いや厳しいがあるのか

消費者金融のキャッシングやカードローンを利用する時に「ここは審査が甘い」や「ここは審査が厳しい」など口コミが書き込まれていますが、本当に消費者金融の審査に甘いや厳しいなどがあるのでしょうか。

結論から言って消費者金融の審査に甘いや厳しいはありません。しかし、大手消費者金融は審査に通らなかったのに中小消費者金融には通ったということはあります。それは、審査が甘いや厳しいというわけではなく、「審査基準が違う」ことにあります。大手消費者金融などは審査基準がしっかりしており、総量規制や金融事故を起こしていないかなど審査基準が消費者金融の中ではきっちりしています。

しかし、中小消費者金融になると、この審査基準が「ある程度の金融事故を起こしていても審査に問題なし」というところもあったり、「年収が低くても安定して収入あるなら問題なし」というところもあり、その借り入れする人が申し込みする消費者金融の審査基準に該当していれば審査に通ることができます。

キャッシングの審査に通らないのは携帯電話のせいかもしれない

キャッシングと携帯電話と言えば、まったく関係がないと思っている人も多いでしょう。しかし、携帯電話の料金の延滞のためにキャッシングの審査に通らなくなることは事実としてあります。

携帯電話で本体を分割で払っている場合が多くあります。スマートフォンなどではかなり高額な本体価格になっている商品もあるので、分割払いが多いのです。そして、その分割払いは携帯電話の利用料を同時に請求されています。

つまり、携帯電話の本体を分割払いで購入している場合には、ローン契約を結んでいることになっています。携帯電話の料金を延滞するということはローンの支払いを延滞しているのと同じ効果を産んでしまいます。キャッシングの審査にローンの延滞は大きなデメリットになってしまうのです。

中小の消費者金融の審査は通りやすいのか

街金とも呼ばれることもある中小の消費者金融はなんとなく怖いというイメージがあるのではないでしょうか。しかし、それはほとんどが街金を闇金と混同しているだけで、金融庁に登録している消費者金融は中小であっても貸金業法の適用を受けますから、上限金利を超えた利息を取ることはありませんし、違法な取り立てをすることもありません。法律の枠外で営業している闇金とは全く違った存在です。

もう一つの中小の消費者金融についての誤解は大手の消費者金融よりも審査が厳しくないということでしょう。それは中小の消費者金融は大手の消費者金融との競争に勝つために審査に通りやすくしているいうものですが、納得しやすい理由といえます。

しかし、実際には中小の消費者金融が大手の消費者金融よりも審査に通りやすいということはありません。消費者金融に限らず金融機関はそれぞれの審査基準に基づいて審査をして融資を実施します。それはそれぞれの消費者金融が融資を実施して、その融資したお金が返済されるかどうかということが最も重要であり、返済可能な人と判断すれば融資を実行するのです。

融資が返済されないと消費者金融の経営に関わりますから、競争の為に審査を大手の消費者金融よりも通りやすいということはありえないのです。

自動契約機での審査は優先される!

大手消費者金融は、近年、インターネットからWEB完結による審査申し込みから契約手続きに力を入れています。そもそも、インターネットであれば24時間365日、時間や場所を気にすることなくキャッシング契約が可能です。しかし、場所や時間帯が限定されないことから、申し込みが集中してしまうとスピード審査を掲げているにも、時間を要してしまいます。特に借り入れを急いでいる場合、いつ審査回答が来るのか予想もできないことがあります。

このような場合、今でも日本各地に設置されている自動契約機を利用する方が確実に短時間で審査結果を受けられ、借り入れまで出来てしまいます。インターネットからであれば、最短で30分とあるものの、勤務中なら時間を有効利用出来ます。あくまでも、他にやることがあり、借り入れも急いでいないときはおすすめです。

では、自動契約機の場合、何故審査が優先されるかというと応対先ではオペレーターが直接対応します。そのため、インターネットからの申し込みとは異なり、順次対応にならないというメリットがあります。オペレーターと直接対話することで、速やかに審査が実施されるため、スピード審査のサービスをより確実に受けることが可能になります。

キャッシングに関しての審査の方法

最近総量規制が導入されたとはいえ、キャッシングの審査に関しては変わるものはありません。自分の収入を証明できる書類を用意して、契約機などやインターネットから申し込みをすれば審査に通ります。

審査に関しては、まずインターネットの簡易審査から始まり、更に本審査はインターネットでも契約機でもどちらでもできます。インターネットの場合は書類を送ったりするので早くても一週間くらいはかかるかもしれません。手短に契約を済ますならば自動契約機を利用したほうがいいと思います。

自動契約機を利用した場合は、自分の所得を証明するもの、派遣社員ならば契約書なども有効です。正社員ならば社員証などでもいいかもしれません。身分を証明することにもなるので社員証と、運転免許証や健康保険証は必須ですね。またその他の身分を証明する書類等もあると契約がスムーズにいきやすいです。

自動契約機の場合審査にかかる時間は約2時間くらいの時間がかかります。結構担当者とのやり取りが体力を消耗するので集中してリラックスして行うのがいいでしょう。どの場合も書類に不備がない場合は審査がほとんど通りますので、契約をする前にしっかりサイトなどで準備をして書類を揃えておくことが必須です。

キャッシング 審査で現金化させることは

どうしても数日中に現金が必要でも貯金がなくて、貸金業者を頼っても断られてしまうようなことがあれば、クレジットカードを持っていれば現金を手にすることが可能なことがあり、クレジットカードのショッピング枠を利用し現金化させるのを、最後の手段でつかってる人は多く存在します。そしてクレジットカードの現金化のため手法が2つあって、すべて自分でするか、専門業者を利用する科です。

そして、すべてを自分一人でするには、ショッピング枠で換金率の高い商品を買って、オークション、買取業者にうっていく方法。この場合、需要の高い商品を買わないと行けなくて、人気商品をリサーチする手間があります。そして最近ゲーム機や金券転売をする人が多いですが、カードは現金化目的の使用が禁じられています。その一方業者を利用するときは、基本的な仕組みは一緒で、業者が指定する商品をカードで買って、そのまま買い取ってもらうことにより現金を手にすること。

業者は商品に換金率と呼ばれる数値をつけていて、換金率9割の10万円の商品を現金化すれば9万5千円手元に残ります。差額は業者の手数料で支払いますが、利用停止などリスクを負う可能性がなくなって、売却時の手間がかからないことがメリットです。

キャッシング審査で本人確認を行う方法とは?

キャッシングを利用するときに必ず行うことは何でしょうか。
それはキャッシング会社の審査を受けるということです。これは必ず受けなければいけません。

その審査の際に行われるのが本人確認です。特に勤務している会社や役職などを確認されます。
では、それはどのような方法で行われるのでしょうか。

本人確認の際にどんな点に気をつけておくことができるでしょうか。
今日はその点について記したいと思います。

まず、キャッシング会社はどのような方法を用いて勤務先や役職を確認するのでしょうか。
一番多い方法は電話による確認です。

もちろん、会社には本人がキャッシングを利用しているということはわからないように電話をかけます。
その際に、申し込みをした本人が在籍している人なのか、そして、申し込んだ際の役職で働いているのかを電話で確認します。

多くの場合は分からないように行うので、ほぼ会社のほうにはばれることはありません。

では、キャッシング会社が行う本人確認の際にどんな点に注意をすると良いのでしょうか。

まず、勤務形態によるのですが、もしあなたがシフト制で働いている場合には事前に申し込みのときに勤務している時間、在籍している時間を伝えることが大切です。
そうすると、自分が在籍している時間に電話を受けることができ、スムーズに本人確認を行うことができるからです。

このようにちょっとしたことで審査に通るか、時間がかかるか分かれてしまいます。

アルバイターは審査に落ちやすい傾向がある?

キャッシング会社には、審査があります。その審査とは、社会的信用力が高くて経済力のある人ほどパスし易くなります。
逆に信用力が低くて経済力の無い人ほど、審査に落ちやすいのです。

ですから普通に考えると、正社員として会社勤めをしている人とアルバイトしかしていない人とを比べると、正社員は審査に通り易く、アルバイターは審査に落ちやすい傾向があることは間違いありません。

しかし、キャッシングの審査は会社勤めしてるかどうかだけで判断されるわけではありません。
他にも判断材料は色々あるのです。

ですから、正社員なら必ず審査に通るとは限りませんし、アルバイターなら必ず審査に落ちるというわけでもないのです。

それでは、審査に不利なアルバイターが審査に通るためにはどうすれば良いかというと、それは、少しでも多くの定収を得ることです。

たとえば毎月2万円しか稼がない人よりも、5万円稼いでいる人のほうが審査に通る可能性は格段に高くなります。
それにコロコロとバイト先を変える人よりも、一つの会社で長くアルバイトをしている人のほうが、審査には有利になります。

また、アパートの家賃や公共料金などを滞納している人は審査には不利になりますので、アルバイターはそんな点にも注意すべきです。