タグ別アーカイブ: 利息

各社のキャッシングをよく調べるようにしましょう

キャッシングの利用ができる身近な金融機関には銀行と消費者金融があります。銀行系のキャッシングも消費者金融系のキャッシングも各社によって微妙な違いがあります。
キャッシングを利用する際は公式ホームページを必ず見て、サービス内容の詳細を確認して自分に合ったキャッシングを見つけるのが良いでしょう。
銀行系と消費者金融系のキャッシングを比較した場合、金利の面では銀行系のものが利用者としてはメリットが大きいと言えます。
銀行系のキャッシングを利用する際の金利は消費者金融系のものより数%ほど低くなっているからです。
数%の差なので返済期間が短ければ大きな違いは出てきませんが、返済期間が長くなると無視できない金額となるでしょう。

返済まで時間がかかりそうなときは銀行系のキャッシングへの申し込みがおすすめとなります。
短期間で返済できるという場合は消費者金融系のキャッシングに申し込んでみるのも良いでしょう。
なぜなら、消費者金融のなかには所定の期間内の利息を無料としているところもあるからです。
利息を無料とすることができれば銀行系のキャッシングを利用するよりメリットは大きくなります。
キャッシングのなかには利息が無料となるものまでありますので、キャッシングに申し込む前には各社のサービス内容を詳細に調べて少しでも自分に合ったものを選ぶようにしましょう。

消費者金融の利息はこれ以上安くなるのか?

総量規制などが始まってから、消費者金融の金利というのはかなり安くなりました。

現在では、上限金利よりも安い金利で運用しているのが主ですが、金利はこれ以上安くなったりはしないのでしょうか?

結論から言うと、金利を安くしたくてもなかなか難しい現実があるでしょう。

ただでさえ金利での収入が減っている中で、ピークは住んだとはいえ、過払い金請求からの回復も十分ではないでしょう。

そういった状況もあることから、金利を下げることは収益を下げることになりますのでやることは難しいのです。

そんな厳しい状況であることから金利上限を上げる法改正を求めるくらいです。 業界としては相当厳しい状況なものですから金利を今よりも下げるというようなことはしないでしょう。

キャッシングの利息の簡単な計算方法は?

お金を借りたあとに気になる利息ですが、年利〇%と書かれていても実際にどれくらい支払うことになるのかは分かり辛いですね。

例えば18%で10万円を借りた場合、一ヵ月後に支払う利息は約1,500円です。その月に1万円と利息を返済したら翌月は残額の9万円で計算するので、二ヶ月目に支払う利息は約1,350円です。つまり元本が減っていけば、利息自体も少しずつ減っていきます。1ヶ月の日数はその月によって前後しますが、一番簡単な計算方法は「キャッシング残高×利率÷12」です。

この式さえ理解していれば、その月に支払う利息の金額が分かります。繰上げ返済をした場合にどれだけ利息分を節約できるかも分かりますので、「早く返済したい」という気持ちにもなれますね。

また利息の計算ができることでキャッシングを利用する時の1%の重みもよく理解できます。特に借入額が大きくなるほどに、利息の差でトータルの支払額も大きく異なってきます。最初は何となく借りやすい業者で借りたという人でも、利息が理解できれば少しでも利息が安い業者で借り替えるという選択肢が出てきます。

キャッシングと上手に付き合うためにも、キャッシングの利息は自分で計算できるようにしておくと安心ですね。