タグ別アーカイブ: クレジットカード

ATMから返済できるクレジットカードのキャッシングとは?

給料日までに手元に現金がない。急な出費がある。どうしょう。

こんな場面に遭遇したことはないでしょうか?

そんなときは、クレジットカードのキャッシング機能を使えば、簡単にお金がてに入ります。

キャッシングとは

ATMなどで、手元に現金がないとき、急な出費がある時にクレジットカードのキャッシング機能を使えば、簡単にお金を借りれます。「1回払い」「リボ払い」のどちらかを選択でき、返済金額を選べます。

返済方法とは

コンビニ、銀行のATMから返済できます。返済日はクレジットカード会社が定めた口座引き落とし日に返済します。

注意点

利子がある。借りた金額よりも、多く返さないと行けない。利子はクレジットカード会社によって違う。

返済日に返済できないと、ハガキなどが送られてくる。

私は25歳で結婚し、専業主婦でした。

時間があればネットサーフィンをして色々な物を通販で買うようになり、30代前にクレジットカードを持ち、そこから一気に買い物依存症になってしまいます。

ショッピング枠がなくなれば、キャッシングで支払いをするという生活でした。

しかし、働くようになってからお金のありがたみを痛感します。旦那のお金だとどんどん使っていた私も自分が働くようになってお金の大切さに気づきました。

今も買い物は大好きですが、クレジットカードをうまく利用し返済に追われることなく生活しています。

キャッシングすることは減りましたが、私はキャッシングを利用するのは悪いことではないと思います。困った時に上手く計画して利用することが大前提ですが。

お金に困ったりするのはみんな同じです。これから利用する人がいるとしたら生活を円滑に送るために前向きに借りて欲しいです。

クレジットカードの利用残高に注意!クレジットカード会社系の保証会社!

クレジットカードはキャッシュレス時代の現代にとって、非常に便利かつお得に商品やサービスの支払が出来るサービスです。しかし、キャッシング契約する際には保証会社の本業に注意しなければ、審査通過が厳しくなるケースがあります。

例えば、銀行カードローンの場合、保証委託先が消費者金融系会社もしくはクレジットカード系会社が一般的です。特にクレジットカード会社が保証委託先となる場合、個人消費に対するノウハウ、そしてクレジットカードの審査での実績が大きく、審査が厳しくなる傾向があります。

特にクレジットカードの利用残高が多く、毎月の収入に対して支払額が低い場合はキャッシング契約は厳しくなります。また、無駄遣いとも判断出来る利用が多いほど、キャッシング契約により返済不能になるリスクが高まるため、クレジットカードの利用頻度が多い場合には注意が必要になります。

特に分割購入が多いほど、毎月の返済能力が低く判断されるため、キャッシング契約する際は毎月一括払いで出来る利用に留めるなどの事前対策が重要になります。債務整理者がキャッシング契約する理由には、クレジットカード支払いというものもあるため、キャッシングによる自転車操業状態と判断されないように注意するのが肝心です。

商品やサービスの購入では、キャッシングを利用しない方が良いことも!

銀行カードローンや消費者金融のカードローンにより、現金を借り入れ、商品やサービスの購入をする方は少なくないと思います。実際のところ、クレジットカードのショッピング枠で代金の支払いは可能であるものの、分割回数の制約を考慮した場合、カードローンの方が長期返済に向いているように感じてしまいます。また、銀行カードローンなら金利が低いため、メリットは高くなります。

一方、消費者金融のカードローンを利用し、商品やサービスの購入を行った場合、現実的には割高な返済となってしまい、クレジットカードを利用した方が良くなってしまいます。クレジットカードの場合、分割回数に限度はあるものの、リボ払いにすることで長期返済に対応することが出来ます。

また、クレジットカードのリボ払いの方が、消費者金融の金利よりも低いといったのが実態です。無利息サービスにより、お得に利用出来ると思いがちですが、金利差が3%差となってしまい、無利息サービスの効果が少なくなってしまいます。商品やサービスの購入をキャッシングに頼る前にクレジットカードが使えるかどうか確認することが重要です。

また、キャッシング契約により支払を行う場合は、カードローンよりも金利の低いフリーローンや目的別ローンを選択するのが得策です。