タグ別アーカイブ: キャッシング

即日融資でお金を借りるなら消費者金融のキャッシング

その日のうちにお金を工面したいというときには消費者金融のキャッシングがおすすめです。消費者金融のキャッシングは審査も迅速に行われて結果もすぐに分かり、即日融資を受けることができるからです。最短でその日のうちにお金を借りることができるからです。

また、消費者金融のキャッシングではネット上や自動契約機などでいつでも気軽にキャッシングを申し込むことができ、わざわざ消費者金融の店舗まで足を運ばなくても済むので近くに消費者金融の店舗がないという方やキャッシングを申し込みに行く時間が取れないという方でも安心です。

お財布のピンチのときや急にお金を借りたくなったときには即日融資を受けられる消費者金融のキャッシングに申し込んでみましょう。

自動契約機でキャッシングを契約するメリットは

勤務先の近くや自宅の近くに消費者金融の店舗がないという方には自動契約機が便利です。消費者金融の自動契約機ならばわざわざキャッシングの契約をしに消費者金融の店舗まで足を運ばずに済むからです。もしも、勤務先や自宅の傍に消費者金融の店舗がないとしても自動契約機ならば利便性のいい場所に設置されていることが多く、夜遅い時間まで営業しているからです。

また、消費者金融の自動契約機ではその場でキャッシング専用のカードが発行されるという点も大きなメリットです。自動契約機でキャッシングの契約を済ませ、その足ですぐに最寄りのATMでお金を借りられるからです。

振込キャッシングでは契約をした時間によっては振り込みが完了するのが翌日以降となってしまうこともありますが、自動契約機ならばそのようなこともないので安心です。

キャッシングの利息について考える

キャッシングの利息は、お金を借りるときに深く関わってきますから、利息が少ない会社でキャッシングしたいと思うのが当然です。昔の消費者金融の利息は35%とか中には50%を超える金利もあったようです。それは1980年代初めのバブル期で経済成長期と密接に関わっているようです。

当時は金利が高くても、それ以上に資産を増やせる経済基盤があったということです。膨大な利息を取っていましたが、今ではそんなことはありません。2008年くらいまでは20%を超える金利でしたが、その後は2010年頃には17%になって、2012年には14%台となって今に至っています。ですから最も金利が高かった頃と比べると、2.5分の1程度になっていますから、随分と借りやすくなっているといえます。

キャッシングの申込みで注意すべきこと!

キャッシングの申込みにあたり注意すべき事をいくつかご紹介します。これは私の実体験に基づいたものです。私は、以前ポイントサイトを経由してクレジットカードを一度に何枚も申込みしたことがあります。それぞれキャッシング枠は10万円以下で申請したので、全て通ったのですが中には一度に何枚も申込みをすると全て審査に落ちるか一枚だけしか通らないという事もあります。

これはカード会社と連携している申し込みをした人の信用情報を審査する機関で判断されるものだからです。私は幸いにもアルバイトをしており安定した収入があったからこそ、問題なくキャッシングの申込みに通れたのですがあまり高額な金額に設定していたり一度に10枚程度の申込みをしてしまうと信用問題に関わり一枚も発行できない…なんて事になり兼ねないので注意して下さい。

キャッシングの審査に通らないのは携帯電話のせいかもしれない

キャッシングと携帯電話と言えば、まったく関係がないと思っている人も多いでしょう。しかし、携帯電話の料金の延滞のためにキャッシングの審査に通らなくなることは事実としてあります。

携帯電話で本体を分割で払っている場合が多くあります。スマートフォンなどではかなり高額な本体価格になっている商品もあるので、分割払いが多いのです。そして、その分割払いは携帯電話の利用料を同時に請求されています。

つまり、携帯電話の本体を分割払いで購入している場合には、ローン契約を結んでいることになっています。携帯電話の料金を延滞するということはローンの支払いを延滞しているのと同じ効果を産んでしまいます。キャッシングの審査にローンの延滞は大きなデメリットになってしまうのです。

主婦がキャッシングをどのように活用出来るのか

キャッシングは、満20歳以上満70歳以下という条件と一定の収入があれば、利用出来る個人向けの融資サービスです。
その為、主婦であっても、会社に勤めて働いているのであれば、申込みの対象になり、キャッシングの申込みをした上で審査を受けられます。
主婦が消費者金融会社からお金を借りる要件を満たせば、キャッシングの利用が行えますので、審査を通過する事が重要になってきます。

キャッシングは、利用条件を満たしている者であれば、申し込みが出来る融資サービスですが、様々な手続きをする上で女性向けのキャッシングサービスがあった方がより使いやすいと感じるユーザーもいます。
近年では、大手消費者金融会社を中心にレディースローンが用意されており、これを使う事で、女性従業員が各種手続きを行ってくれますので、女性は安心してキャッシングサービスを使えます。

主婦がキャッシングを様々なシーンで活用する事が出来ます。給料日までお金が入ってくる見通しが無い状況で、お金が必要となった時に、立て替え目的においてキャッシングで融資を受けたり、公共料金などの支払いの一時的な立て替えに使ったりというような利用シーンが考えられるでしょう。

主婦でもキャッシングは審査を通過すれば、利用する事が出来ますので、申し込みをしてみるのも良いでしょう。

キャッシング契約が在籍確認でバレてしまう要因とは?

銀行や消費者金融のカードローンを利用する場合、審査時に勤務先への在籍確認が行われます。大手消費者金融の場合、社員証や給与明細などで代替出来るものの、電話による確認が一般的です。ですが、基本的には契約者のプライバシーに配慮され、契約内容については本人以外に伝わることはありません。また、電話自体も担当者個人名で行われるため、銀行や消費者金融からの電話とは気付かないようになっています。

しかしながら、在籍確認の内容からではなく、電話自体が不審に思われてしまう可能性があり、結果的にキャッシング契約の在籍確認と知られてしまう可能性があります。その要因としては、在籍確認先の電話番号であり、勤務先の電話番号を代表番号以外の番号で申し込んだ場合です。企業では、外部に非公開の電話番号が多数あります。

最近では社員ごとに社内電話として携帯電話やPHSを持たせていることも少なくはなく、その多くの電話番号が担当者の名刺以外では外部に知られることがないという状況です。

そのため、勤務先の部門の代表番号も非公開という可能性があるため、申し込みをする際は記載する電話番号に注意する必要があります。例え、キャッシング契約と疑われなかったとしても、私用電話で注意を受けてしまい、使用理由を聞かれるリスクがあります。

キャッシングについて

キャッシングについて思うことはたくさんあります。まず困った時にお金が借りられるので凄く便利だと思うところともう一つは一度借りたら怖いところです。今のキャッシングサービスは簡単にお金を借りることができるのでお金の大切さを忘れる方も少なくはないと思います。

なので借りてもまた返せばいいなどと思い借りている額がだんたんと大きくなっていき最終的には返せなくなる方が多いと思います。私もその一人でした。自分の欲しいものや遊ぶお金欲しさにキャッシングを利用させていただきましたが返せなくなった時期もありました。

私みたいに遊ぶお金が欲しいとかの理由でお金を借りる方は恐らく返せなくなると思います。どうしても必要な時、そんな時じゃないとお金の大切さも忘れます。本来キャッシングサービスはそういう方向けに作られたサービスだと私は思います。

各社のキャッシングをよく調べるようにしましょう

キャッシングの利用ができる身近な金融機関には銀行と消費者金融があります。銀行系のキャッシングも消費者金融系のキャッシングも各社によって微妙な違いがあります。
キャッシングを利用する際は公式ホームページを必ず見て、サービス内容の詳細を確認して自分に合ったキャッシングを見つけるのが良いでしょう。
銀行系と消費者金融系のキャッシングを比較した場合、金利の面では銀行系のものが利用者としてはメリットが大きいと言えます。
銀行系のキャッシングを利用する際の金利は消費者金融系のものより数%ほど低くなっているからです。
数%の差なので返済期間が短ければ大きな違いは出てきませんが、返済期間が長くなると無視できない金額となるでしょう。

返済まで時間がかかりそうなときは銀行系のキャッシングへの申し込みがおすすめとなります。
短期間で返済できるという場合は消費者金融系のキャッシングに申し込んでみるのも良いでしょう。
なぜなら、消費者金融のなかには所定の期間内の利息を無料としているところもあるからです。
利息を無料とすることができれば銀行系のキャッシングを利用するよりメリットは大きくなります。
キャッシングのなかには利息が無料となるものまでありますので、キャッシングに申し込む前には各社のサービス内容を詳細に調べて少しでも自分に合ったものを選ぶようにしましょう。

キャッシングの利息の簡単な計算方法は?

お金を借りたあとに気になる利息ですが、年利〇%と書かれていても実際にどれくらい支払うことになるのかは分かり辛いですね。

例えば18%で10万円を借りた場合、一ヵ月後に支払う利息は約1,500円です。その月に1万円と利息を返済したら翌月は残額の9万円で計算するので、二ヶ月目に支払う利息は約1,350円です。つまり元本が減っていけば、利息自体も少しずつ減っていきます。1ヶ月の日数はその月によって前後しますが、一番簡単な計算方法は「キャッシング残高×利率÷12」です。

この式さえ理解していれば、その月に支払う利息の金額が分かります。繰上げ返済をした場合にどれだけ利息分を節約できるかも分かりますので、「早く返済したい」という気持ちにもなれますね。

また利息の計算ができることでキャッシングを利用する時の1%の重みもよく理解できます。特に借入額が大きくなるほどに、利息の差でトータルの支払額も大きく異なってきます。最初は何となく借りやすい業者で借りたという人でも、利息が理解できれば少しでも利息が安い業者で借り替えるという選択肢が出てきます。

キャッシングと上手に付き合うためにも、キャッシングの利息は自分で計算できるようにしておくと安心ですね。