タグ別アーカイブ: キャッシング

各社のキャッシングをよく調べるようにしましょう

キャッシングの利用ができる身近な金融機関には銀行と消費者金融があります。銀行系のキャッシングも消費者金融系のキャッシングも各社によって微妙な違いがあります。
キャッシングを利用する際は公式ホームページを必ず見て、サービス内容の詳細を確認して自分に合ったキャッシングを見つけるのが良いでしょう。
銀行系と消費者金融系のキャッシングを比較した場合、金利の面では銀行系のものが利用者としてはメリットが大きいと言えます。
銀行系のキャッシングを利用する際の金利は消費者金融系のものより数%ほど低くなっているからです。
数%の差なので返済期間が短ければ大きな違いは出てきませんが、返済期間が長くなると無視できない金額となるでしょう。

返済まで時間がかかりそうなときは銀行系のキャッシングへの申し込みがおすすめとなります。
短期間で返済できるという場合は消費者金融系のキャッシングに申し込んでみるのも良いでしょう。
なぜなら、消費者金融のなかには所定の期間内の利息を無料としているところもあるからです。
利息を無料とすることができれば銀行系のキャッシングを利用するよりメリットは大きくなります。
キャッシングのなかには利息が無料となるものまでありますので、キャッシングに申し込む前には各社のサービス内容を詳細に調べて少しでも自分に合ったものを選ぶようにしましょう。

キャッシングの利息の簡単な計算方法は?

お金を借りたあとに気になる利息ですが、年利〇%と書かれていても実際にどれくらい支払うことになるのかは分かり辛いですね。

例えば18%で10万円を借りた場合、一ヵ月後に支払う利息は約1,500円です。その月に1万円と利息を返済したら翌月は残額の9万円で計算するので、二ヶ月目に支払う利息は約1,350円です。つまり元本が減っていけば、利息自体も少しずつ減っていきます。1ヶ月の日数はその月によって前後しますが、一番簡単な計算方法は「キャッシング残高×利率÷12」です。

この式さえ理解していれば、その月に支払う利息の金額が分かります。繰上げ返済をした場合にどれだけ利息分を節約できるかも分かりますので、「早く返済したい」という気持ちにもなれますね。

また利息の計算ができることでキャッシングを利用する時の1%の重みもよく理解できます。特に借入額が大きくなるほどに、利息の差でトータルの支払額も大きく異なってきます。最初は何となく借りやすい業者で借りたという人でも、利息が理解できれば少しでも利息が安い業者で借り替えるという選択肢が出てきます。

キャッシングと上手に付き合うためにも、キャッシングの利息は自分で計算できるようにしておくと安心ですね。

銀行系キャッシングのメリット

キャッシングといえば消費者金融系が有名ですが、銀行系キャッシングにも利用するにあたりメリットとなる部分が多くあります。

そのメリットの一つとしてまず挙げたいのが、総量規制の対象外であるということです。

消費者金融系は総量規制の対象となってしまうため、借りられる上限は年収の3分の1までとなってしまいます。

そのため、年収によっては自分の希望する額を借りられないことになる場合もあります。

しかし総量規制の対象外である銀行系の場合は、年収の3分の1以上の借入であっても返済能力を認められれば借入することが出来ます。

そして、消費者金融系、信販系と比べて金利が低いというのも銀行系のメリットです。

消費者金融系は金利上限が18%台の業者がほとんどですが、銀行系の場合は15%前後が金利の上限となっているので、利用にあたり金利をより安く抑えることが出来ます。

他にも銀行系のATMをはじめ、コンビニのATMなど利用出来る場所が多くあるので、いつでもどこにいても気軽に利用することが出来るというのも銀行系キャッシングのメリットと言えるでしょう。

銀行系キャッシングにもこういったメリットがありますので、キャッシングを利用する際は銀行系の利用も視野に入れて業者選びをするようにしましょう。

キャッシングの総返済額を少なくするための鉄則

キャッシングを利用することは、利息を付けて返済することが前提条件となっています。なので、キャッシングを利用する人はなるべく利息額が少なくなるような方法でキャッシングをすることで、自分自身を助けることになります。そのためにキャッシングの利用時には2つの鉄則を心得て利用することにしましょう。

一つは、金利が低いキャッシングを利用することです。特にキャッシングの金額が大きくなるような借入や長期に渡る返済計画を必要とする借入では金利の少しの上下差が大きな総返済額の差となって来ます。たとえ0.1%の金利差で合っても低い金利のキャッシングを利用すべきです。

もう一つは返済期間を短くすることです。金利ばかりに目を奪われがちですが、キャッシングの利息は借入元本に大きな影響を与えますから、短期間で返済すれば総返済額は大きく抑えることができます。月々の返済額が多くすれば、返済には苦しみますが、総返済額には苦しみません。極端な言い方をすれば、短期間で返済するならば、金利差は総返済額にはそれほど大きな影響を与えないと言ってもいいのです。借入元本をなるべく早く減らすことがキャッシングの鉄則中の鉄則と言ってもいいでしょう。

始めて利用したアコム

“私が始めてキャッシングを利用したのは25歳の時でした。
会社に勤務はしていましたが、当時付き合い始めたばかりの彼女とお盆休みに旅行にいく約束をしていました。
付き合いたてということもあり、見栄を張りたい気持ちもあり旅行代金は全額、私が支払うことを決めていましたが、会社の給料だけでは足りず、キャッシングでお金を借りる事を考えました。
当時コマーシャルでも有名だったのでアコムで借りる事を決めました。
無人機での契約でした。最初はお金を借りる事に罪悪感もありましたし、無人機に向かうまでは不安しかありませんでした。
いざ無人機に入ると、画像と音声で大変丁寧に対応して頂きましたし、シュミレーション等で返済の計画なども細かく確認できましたので、不安感もなくなり、とても安心して借り入れをすることができました。
契約自体も数十分で終わりましたし、契約後にすぐに借り入れもできましたので、とても便利に利用させていただきました。
彼女との旅行も無事に終わり、とても感謝しています。”

キャッシングの限度額と増額について

キャッシングを考えている多くの方が気になるポイントと言えば、それは自分がいくら借りる事ができるかになります。これはキャッシングと言う物がその月を何とかしのぎたいと考える方が利用することが理由になっていて、例えば冠婚葬祭などの出費で10~20万円必要になった時にはそれに充てられるだけのお金を借りる必要があります。

なのでキャッシングを考えている方の多くは自分が借りられる限度額を気にしているのですが、基本的にこの限度額と言う物は本人の収入と信用によって変わってきます。最も一般的なサラリーマンの場合は初めての申し込みでも10万円程度キャッシングできるとされていますし、パート主婦ならば最初は3~5万円程度になっています。

ただ上記のように信用でも限度額は変わる事があり、最初は少額であっても完済を繰り返すことで消費者金融側から返済能力が高いと見なされるようになり限度額は上がっていきます。

また、完済できなくても長期的に利用している場合にはほぼ自動で限度額は上がっていきます。この場合は利息分だけの返済を繰り返しているケースなどが当てはまり、消費者金融側は限度額を増やす事でその分の利息を増やし利益を確保しようとしていると言えます。

キャッシングはあらかじめ返済額を把握することが大切!

キャッシングは返済計画や借り入れ期間などが重要になります。

一度お金を借りてしまうとお金を借りることに慣れてしまい、返済期間が長引いてしまう方もいますが、返済は一日でも早く完了したほうがお得になります。

消費者金融や銀行カードローンなどが行なっている比較的低額のキャッシングには日割り計算が用いられているため、日を増すごとに金利が発生しています。

そのため同じ借り入れ額でもできるだけ早く返済してしまうほうが総返済額を比較したときにお得になるのです。

初めて利用する方は金融機関によって無利息期間が設けられている場合もあるので、それを利用することもキャッシングを上手に使う方法といえます。

キャッシングというと時間が経つにつれどんどん借金が膨らんでいくイメージもありますが、日に日に利息がかかると言っても事前に計算しておくことである程度の返済額を把握することができます。

金融機関が利益をあげる仕組みとして利息はかかってしまうものですが、とはいえ利息はあらかじめ決められているため、それ以上でもそれ以下でもなく一定額が加算されていきます。

仕組みさえ理解してしまえば利息におびえる必要はありません。

そのためにも事前に返済額や利息を計算し、計画的に返済を行なっていくことが大切なのです。

キャッシングの限度額は個別に設定されます

キャッシングの申込みを行なうと、利用希望額とは異なる利用限度額が設定されることが少なくありません。希望額よりも少ないケースだけでなく、逆に多いことも少なくありません。どの貸金業者に申し込むかによっても、利用限度額設定は異なると知っておくと良いでしょう。

消費者金融に申込みを行なう際には、利用希望額よりも少ない金額で利用限度額が設定されることがあります。初めての取り引きという理由もありますが、改正貸金業法に基づく総量規制により、年収の1/3以内に貸付総額が制限されるからです。個人信用情報機関へ登録されている借入状況から、具体的な利用限度額を設定することになりますが、総量規制ギリギリの金額とならないように少な目の金額設定が行われます。利用状況に改善が見られれば、利用限度額の増額が可能となるわけです。

一方、銀行カードローンならば、最初から個人の返済能力を厳密に確認した上で、利用限度額を設定するので最初から多額の利用限度額が設定されやすいわけです。銀行法という別の法律が適用されて、総量規制対象外となるので、銀行が審査した結果次第で本人が予想していた金額よりも大きな金額が利用限度額となることが少なくありません。

キャッシングを主婦が利用する方法

キャッシングを利用したいと考えるのは、会社員やOLだけとは限らず、家計を預かる主婦であっても同様に必要となる人はいます。仕事を持っている兼業主婦であれば、安定した収入があるので、パート・アルバイトでも申し込み可能なカードローンを利用すれば良いでしょう。しかし、専業主婦の場合には本人に収入が無いために事情が変わります。

信販会社や消費者金融が行っているカードローンでは、貸金業法による規制を受けるために年収の1/3以内に貸付額が制限されます。専業主婦であれば本人に収入が無いので、配偶者の同意書を提出しなければ信販会社と消費者金融からのキャッシングは出来ないことになります。総量規制が適用される以前は、専業主婦でも借入が出来ていたことを考えると、規制が厳しくなったことを意味します。

そこで、専業主婦でも借入が可能となっている銀行カードローンならば、適用される法律がそもそも異なるので、総量規制による影響を受けることはありません。結果として、世帯収入による審査を受けることでキャッシングが可能となるでしょう。必ず審査に通過するという保証は無いものの、少なくとも門前払いされることは無くなります。キャッシング先として主婦にとって優しい借入先は、銀行カードローンと考えられます。

キャッシングに関しての審査の方法

最近総量規制が導入されたとはいえ、キャッシングの審査に関しては変わるものはありません。自分の収入を証明できる書類を用意して、契約機などやインターネットから申し込みをすれば審査に通ります。

審査に関しては、まずインターネットの簡易審査から始まり、更に本審査はインターネットでも契約機でもどちらでもできます。インターネットの場合は書類を送ったりするので早くても一週間くらいはかかるかもしれません。手短に契約を済ますならば自動契約機を利用したほうがいいと思います。

自動契約機を利用した場合は、自分の所得を証明するもの、派遣社員ならば契約書なども有効です。正社員ならば社員証などでもいいかもしれません。身分を証明することにもなるので社員証と、運転免許証や健康保険証は必須ですね。またその他の身分を証明する書類等もあると契約がスムーズにいきやすいです。

自動契約機の場合審査にかかる時間は約2時間くらいの時間がかかります。結構担当者とのやり取りが体力を消耗するので集中してリラックスして行うのがいいでしょう。どの場合も書類に不備がない場合は審査がほとんど通りますので、契約をする前にしっかりサイトなどで準備をして書類を揃えておくことが必須です。