タグ別アーカイブ: カードローン

三菱UFJ銀行カードローンを利用している時に郵送物はあるの?

三菱UFJ銀行カードローンは借入条件が良くてサービス面も充実しているので安心して利用している人が多いですが、郵送物があるのかどうか気になってしまう人も少なくないでしょう。そこで三菱UFJ銀行カードローンを利用している時の郵送物について見ていく事にしましょう。

三菱UFJ銀行カードローンの申し込みを郵送で行うと契約書やカードが自宅に郵送されてきます。郵送されてきた時に自分が受け取れば問題ありませんが、家族が受け取ってしまうとバレてしまいます。

それで不安を感じてしまう人もいますが、銀行のATMの横に併設されているテレビ窓口で申し込みをすれば契約書もカードもその場で受け取る事が出来ます。自宅への郵送物もなくなるので家族に内緒にしたい時はテレビ窓口で申し込みをするようにしましょう。

カードローンを申し込む時に必要な書類

カードローンは急な出費などにもすぐに借入ができるため非常に便利ですが、いざ申し込みをしようと思った場合必ず審査を受ける必要があり、それに通らないと借入することはできません。審査といってもテストを受けたりするわけではなく、安定した収入があり返済能力があるかを調べるだけのものですので気軽に申し込むことができます。

ただその際にいくつか書類が必要になります。必ず必要になるのが運転免許証などの本人確認のできる証明書です。顔写真付き証明書でしたら他のものでも大丈夫なことが多いです。また保険証や住民票、公共料金の支払明細などで代用できることもあります。

その他には希望借入価格が50万円以上の場合は収入証明書が必要になったり、外国人の方ですと外国人登録証などが必要になります。借りる人の状況や各カードローン会社によっても異なりますので、もし申し込みする時に不安であればサポートセンターまで問い合わせてみると、申し込み手続きの詳細も教えてくれるので手続きが楽に行えます。

イオン銀行カードローンがオススメの2つの理由

イオングループは大手スーパーなどを展開している事で有名ですが、金融部門のイオン銀行はカードローンのサービスを提供しています。最近では利用者も増えてきていますが、どのような点がオススメなのか理由を見ていく事にしましょう。

・大手銀行のカードローンより金利が低い

大手銀行のカードローンは上限金利が15%以下で設定されていますが、イオン銀行カードローンは上限金利が13.8%で設定されています。大手銀行のカードローンより金利が低い点がオススメポイントになります。

・ATMで24時間手数料無料で借入可能

カードローンを利用する時にATMを利用する時は時間が制限されてしかも手数料が発生する事があります。しかしイオン銀行カードローンを利用する時はATMで24時間手数料無料でお金を借りる事が出来ます。

口座振替による返済のメリットは返済遅延のリスクが少ないだけ!

最近では、銀行や消費者金融のカードローンも銀行口座からの振替による返済が可能になっています。一見すると返済に於けるメリットが大きく感じられるものの、あくまで返済遅延といったリスクの軽減だけと言えます。

ついうっかりで、返済期日に返済できないという問題は解決出来るものの、毎月の返済額が最小限の金額に設定されており、口座振替による返済だけでは返済期間の長期化に繋がり、総返済額の増加といったデメリットに直結してしまいます。

そのため、口座振替による返済は返済遅延を防ぐ保険と考え、追加返済との組み合わせを返済計画に盛り込むことが重要になっています。また、追加返済が面倒だからといって口座返済に頼るのもおすすめは出来ません。

無利息のカードローンを利用するメリットを考えた利用

カードローンは、キャッシングと比べて分割返済が出来る点で魅力的ですが、近年では消費者金融会社などで無利息で借りられるようになっています。無利息カードローンを利用する条件は、カードローンを初回利用した場合です。消費者金融会社によって異なりますが、無利息ローンは、最大30日間借入金額を全額無利息にするパターンと一定期間だけ一定の借入金額を無利息にするパターンがあります。

このような無利息カードローンを利用するメリットは、返済総額を最小限に抑えられる事で無理なく、サービスを活用する事が出来る点です。カードローンやキャッシングは、自由に使える資金を用立ててもらえますので、ユーザーが様々な使い方をしたい時に重宝するでしょう。

みずほ銀行カードローンのキャッシュカード兼用型のカードとカードローン専用型のカードの違いは?

みずほ銀行カードローンはキャッシュカード兼用型とカードローン専用型の2種類のカードがあるので申し込みをする時に選択する必要があります。そこでキャッシュカード兼用型とカードローン専用型の違いについて見ていく事にしましょう。

キャッシュカード兼用型のカードはキャッシュカード機能とカードローン機能が一緒になっていて口座を持っている人が選ぶ事が出来ます。またカードローン専用型のカードはカードローン機能だけが付いていてキャッシュカードとは別々に利用したい人が選ぶ事が出来ます。申し込みから融資可能になるまでにかかる時間や利用する事が出来るATMの種類なども異なるので自分に適した方のカードを選んでお金を借りるようにするといいでしょう。

総量規制対象外のカードローンを優先的に申込みしよう

改正貸金業法が完全施行されて以降、貸金業法を法的根拠として貸金業務を行なう消費者金融や信販会社は、総量規制の影響を受けることになりました。総量規制とは、貸金業法の適用を受ける貸金業者全てからの借入合計額が、年収の1/3以内に制限される規制です。

銀行カードローンや信販会社カードローンならば、銀行法と信用金庫法という別の法律の適用を受けるので、そもそも総量規制対象外です。年収の1/3を超える利用限度額設定も審査に通過すれば可能となるので、借入額が多い人であっても収入次第では新たな借入を受けられます。

総量規制対象外のカードローンは、消費者金融よりも低金利で融資を行っていることが多く、無担保ローンでありながら年利15%未満で最初から融資が受けられます。なぜなら、間に保証会社を挟むことにより、銀行や信用金庫が直接貸し倒れリスクを負担する必要が無い仕組みが採用されているからです。

万が一長期延滞を起こす利用者がいても、保証会社に対して代位弁済請求を行なうだけで解決してしまうので、最初から低金利融資を行なっても損をすることがありません。保証会社は損をすることになりますが、後から法的措置により債権回収を行えば良いだけです。

カードローンは無利息でも

カードローンというのは、無利息で貸してくれることもあるでしょう。それはなんといってもまずは自分のところで借りることにメリットを見出してくれるようにしたほうがよいからです。それがカードローン業者としては考えることにしましょう。

カードローンとは最初に自分の分限を決めることができるようになります。そうして金額を借りるがはっきりとすることになります。例えば50万円と限度額が決定したのであれば20万円を借りたのであれば残りは30万円になります。このように細かく借りることができるようになります。

無利息で借りることができるのはキャンペーンなどになります。ですから、常にやっているのか、というのは別問題になります。そのあたりはよく注意しておいたほうがよいでしょう。昔、このようなことがあったから、まだやっているだろう、と考えて申込みをしないほうがよいでしょう。

あくまてしっかりと業者のサービス内容を見るべきでしょう。無利息で借りることが出来る期間は本当に助かることになるでしょうから、使えるようにしておくことはよいことでしょう。上手くすればノーコストでお金を借りることができるようになるでしょう。もちろん、返すことにはなります。

商品やサービスの購入では、キャッシングを利用しない方が良いことも!

銀行カードローンや消費者金融のカードローンにより、現金を借り入れ、商品やサービスの購入をする方は少なくないと思います。実際のところ、クレジットカードのショッピング枠で代金の支払いは可能であるものの、分割回数の制約を考慮した場合、カードローンの方が長期返済に向いているように感じてしまいます。また、銀行カードローンなら金利が低いため、メリットは高くなります。

一方、消費者金融のカードローンを利用し、商品やサービスの購入を行った場合、現実的には割高な返済となってしまい、クレジットカードを利用した方が良くなってしまいます。クレジットカードの場合、分割回数に限度はあるものの、リボ払いにすることで長期返済に対応することが出来ます。

また、クレジットカードのリボ払いの方が、消費者金融の金利よりも低いといったのが実態です。無利息サービスにより、お得に利用出来ると思いがちですが、金利差が3%差となってしまい、無利息サービスの効果が少なくなってしまいます。商品やサービスの購入をキャッシングに頼る前にクレジットカードが使えるかどうか確認することが重要です。

また、キャッシング契約により支払を行う場合は、カードローンよりも金利の低いフリーローンや目的別ローンを選択するのが得策です。

カードローンの無利息サービスの注意点

カードローンを初めて利用する時は無利息サービスが適用になるのでサービス期間中は無利息でお金を借りる事が出来ます。それにより加算される利息が少なくなるので返済する時の負担が軽減されるのがメリットになりますが、注意しなければいけない点もあるのでしっかり把握しておく必要があります。そこでカードローンの無利息サービスの注意点について見ていく事にしましょう。

・業者によって開始日が違う

無利息サービスは基本的に30日間になっていますが、業者によって開始日が違うので注意が必要です。開始日が契約日の翌日から、借入日の翌日からなど業者によって違うので無利息サービスの開始日をしっかり確認しておく必要があります。特に開始日が契約日の翌日からだとすぐお金を借りないとサービス期間が減ってしまうので注意しましょう。

・初めて利用する人でも他の条件が満たされていないと適用されない

無利息サービスは初めて利用する人が対象となっていますが、業者によってはそれ以外にも条件があります。初めて利用する人でも他の条件が満たされていないと無利息サービスが適用されなくなってしまうのでお金を借りた時に最初から利息が加算されてしまいます。無利息サービスが適用される条件をしっかり確認しておくようにしましょう。