タグ別アーカイブ: カードローン

総量規制対象外のカードローンを優先的に申込みしよう

改正貸金業法が完全施行されて以降、貸金業法を法的根拠として貸金業務を行なう消費者金融や信販会社は、総量規制の影響を受けることになりました。総量規制とは、貸金業法の適用を受ける貸金業者全てからの借入合計額が、年収の1/3以内に制限される規制です。

銀行カードローンや信販会社カードローンならば、銀行法と信用金庫法という別の法律の適用を受けるので、そもそも総量規制対象外です。年収の1/3を超える利用限度額設定も審査に通過すれば可能となるので、借入額が多い人であっても収入次第では新たな借入を受けられます。

総量規制対象外のカードローンは、消費者金融よりも低金利で融資を行っていることが多く、無担保ローンでありながら年利15%未満で最初から融資が受けられます。なぜなら、間に保証会社を挟むことにより、銀行や信用金庫が直接貸し倒れリスクを負担する必要が無い仕組みが採用されているからです。

万が一長期延滞を起こす利用者がいても、保証会社に対して代位弁済請求を行なうだけで解決してしまうので、最初から低金利融資を行なっても損をすることがありません。保証会社は損をすることになりますが、後から法的措置により債権回収を行えば良いだけです。

カードローンは無利息でも

カードローンというのは、無利息で貸してくれることもあるでしょう。それはなんといってもまずは自分のところで借りることにメリットを見出してくれるようにしたほうがよいからです。それがカードローン業者としては考えることにしましょう。

カードローンとは最初に自分の分限を決めることができるようになります。そうして金額を借りるがはっきりとすることになります。例えば50万円と限度額が決定したのであれば20万円を借りたのであれば残りは30万円になります。このように細かく借りることができるようになります。

無利息で借りることができるのはキャンペーンなどになります。ですから、常にやっているのか、というのは別問題になります。そのあたりはよく注意しておいたほうがよいでしょう。昔、このようなことがあったから、まだやっているだろう、と考えて申込みをしないほうがよいでしょう。

あくまてしっかりと業者のサービス内容を見るべきでしょう。無利息で借りることが出来る期間は本当に助かることになるでしょうから、使えるようにしておくことはよいことでしょう。上手くすればノーコストでお金を借りることができるようになるでしょう。もちろん、返すことにはなります。

商品やサービスの購入では、キャッシングを利用しない方が良いことも!

銀行カードローンや消費者金融のカードローンにより、現金を借り入れ、商品やサービスの購入をする方は少なくないと思います。実際のところ、クレジットカードのショッピング枠で代金の支払いは可能であるものの、分割回数の制約を考慮した場合、カードローンの方が長期返済に向いているように感じてしまいます。また、銀行カードローンなら金利が低いため、メリットは高くなります。

一方、消費者金融のカードローンを利用し、商品やサービスの購入を行った場合、現実的には割高な返済となってしまい、クレジットカードを利用した方が良くなってしまいます。クレジットカードの場合、分割回数に限度はあるものの、リボ払いにすることで長期返済に対応することが出来ます。

また、クレジットカードのリボ払いの方が、消費者金融の金利よりも低いといったのが実態です。無利息サービスにより、お得に利用出来ると思いがちですが、金利差が3%差となってしまい、無利息サービスの効果が少なくなってしまいます。商品やサービスの購入をキャッシングに頼る前にクレジットカードが使えるかどうか確認することが重要です。

また、キャッシング契約により支払を行う場合は、カードローンよりも金利の低いフリーローンや目的別ローンを選択するのが得策です。

カードローンの無利息サービスの注意点

カードローンを初めて利用する時は無利息サービスが適用になるのでサービス期間中は無利息でお金を借りる事が出来ます。それにより加算される利息が少なくなるので返済する時の負担が軽減されるのがメリットになりますが、注意しなければいけない点もあるのでしっかり把握しておく必要があります。そこでカードローンの無利息サービスの注意点について見ていく事にしましょう。

・業者によって開始日が違う

無利息サービスは基本的に30日間になっていますが、業者によって開始日が違うので注意が必要です。開始日が契約日の翌日から、借入日の翌日からなど業者によって違うので無利息サービスの開始日をしっかり確認しておく必要があります。特に開始日が契約日の翌日からだとすぐお金を借りないとサービス期間が減ってしまうので注意しましょう。

・初めて利用する人でも他の条件が満たされていないと適用されない

無利息サービスは初めて利用する人が対象となっていますが、業者によってはそれ以外にも条件があります。初めて利用する人でも他の条件が満たされていないと無利息サービスが適用されなくなってしまうのでお金を借りた時に最初から利息が加算されてしまいます。無利息サービスが適用される条件をしっかり確認しておくようにしましょう。

カードローン業者は無利息で貸してくれるところも

当たり前ですがずっとというわけではないのですが、カードローン業者の中では無利息で貸してくれるところがあります。これにはしっかりとした理由があります。とにかく自分のところで借りてほしい、ということになります。これをしっかりと覚えておくとよいでしょう。つまりは、業者としてもメリットがあるので無利息で貸しているわけです。

但し、業者によってどんなことを条件に無利息で貸すのか、ということは違いがありますから、その点は注意しておいたほうがよいでしょう。いうまでもありませんが、あくまで元金は返すことになります。つまりは、返済はしっかりとするわけです。この点は履き違えないようにすることです。

しかし、とにかく無利息で借りることができる、というのは大きなメリットであることは確かであるといえるでしょう。借りすぎることはよくないでしょうが、あくまで計画的に借りることができるならばまったく問題はないでしょう。上手く使えばこの上なく役に立つサービスであることは確かであるといえのです。

その点に思いを馳せて、活用するべき時に使いましょう。無駄に使うことはないようにするべきです。しかし、カードローンのカードはとりあえず発行してもらっておくことがお勧めできます。

総量規制対象外のカードローンとは?

数年前に貸金業法における総量規制の中身が改定され、現在消費者金融では「自身の年収の3分の1以上」のお金の借り入れができないような仕組みになっています。つまり年収が300万円だとするならその3分の1である100万円を超えた借り入れを行うような契約はできないのです。

しかしすでにその額に到達しているような場合でも緊急でお金が必要になる場合もあるでしょう。そういう時には銀行のカードローンを利用するのが便利です。そもそも貸金業法が対象とするのは消費者金融であり、銀行のカードローンはその対象に含まれていないので総量規制の対象にはなっていないのです。

このように消費者金融と銀行のカードローンを組み合わせることで現在の年収の3分の1以上の借り入れを行うことも可能になってくるのです。とは言えもちろん審査はありますし無条件でカードローンが組めるというわけではありません。すでに消費者金融からの借り入れがあるならばそのことも考慮に入れられることでしょう。

また仮に借りることができたとしても消費者金融と銀行のカードローンと2重の返済になります。返済計画をきちんと立てたうえで利用しなければすぐに行き詰ってしまうので、賢い付き合い方を考えていきましょう。