レイクは、キャッシング会社の中でもよく知られている会社です

申し込みは24時間一年中いつでも受け付けています。利息が無利息になるローンも2種類あり、借り入れ金額によって種類が変わります。レイクでの申し込みに必要な書類は、本人確認書類と場合によって収入証明書のみになります。

またウェブの環境が整っている方は、申し込みから振込みまですべてウェブで完結することも可能です。窓口まで足を運ばずに済みます。またウェブで申し込みされる方は、必要書類も郵送する必要はありません。メールに添付することで必要書類の提出を認めてもらえます。また申し込み時にカードレスで契約すれば、家族にも誰にもバレずに借り入れの申し込みをすることが可能です。

キャッシングの申込みで注意すべきこと!

キャッシングの申込みにあたり注意すべき事をいくつかご紹介します。これは私の実体験に基づいたものです。私は、以前ポイントサイトを経由してクレジットカードを一度に何枚も申込みしたことがあります。それぞれキャッシング枠は10万円以下で申請したので、全て通ったのですが中には一度に何枚も申込みをすると全て審査に落ちるか一枚だけしか通らないという事もあります。

これはカード会社と連携している申し込みをした人の信用情報を審査する機関で判断されるものだからです。私は幸いにもアルバイトをしており安定した収入があったからこそ、問題なくキャッシングの申込みに通れたのですがあまり高額な金額に設定していたり一度に10枚程度の申込みをしてしまうと信用問題に関わり一枚も発行できない…なんて事になり兼ねないので注意して下さい。

キャッシングの審査に通らないのは携帯電話のせいかもしれない

キャッシングと携帯電話と言えば、まったく関係がないと思っている人も多いでしょう。しかし、携帯電話の料金の延滞のためにキャッシングの審査に通らなくなることは事実としてあります。

携帯電話で本体を分割で払っている場合が多くあります。スマートフォンなどではかなり高額な本体価格になっている商品もあるので、分割払いが多いのです。そして、その分割払いは携帯電話の利用料を同時に請求されています。

つまり、携帯電話の本体を分割払いで購入している場合には、ローン契約を結んでいることになっています。携帯電話の料金を延滞するということはローンの支払いを延滞しているのと同じ効果を産んでしまいます。キャッシングの審査にローンの延滞は大きなデメリットになってしまうのです。

カードローンを申し込む時に必要な書類

カードローンは急な出費などにもすぐに借入ができるため非常に便利ですが、いざ申し込みをしようと思った場合必ず審査を受ける必要があり、それに通らないと借入することはできません。審査といってもテストを受けたりするわけではなく、安定した収入があり返済能力があるかを調べるだけのものですので気軽に申し込むことができます。

ただその際にいくつか書類が必要になります。必ず必要になるのが運転免許証などの本人確認のできる証明書です。顔写真付き証明書でしたら他のものでも大丈夫なことが多いです。また保険証や住民票、公共料金の支払明細などで代用できることもあります。

その他には希望借入価格が50万円以上の場合は収入証明書が必要になったり、外国人の方ですと外国人登録証などが必要になります。借りる人の状況や各カードローン会社によっても異なりますので、もし申し込みする時に不安であればサポートセンターまで問い合わせてみると、申し込み手続きの詳細も教えてくれるので手続きが楽に行えます。

イオン銀行カードローンがオススメの2つの理由

イオングループは大手スーパーなどを展開している事で有名ですが、金融部門のイオン銀行はカードローンのサービスを提供しています。最近では利用者も増えてきていますが、どのような点がオススメなのか理由を見ていく事にしましょう。

・大手銀行のカードローンより金利が低い

大手銀行のカードローンは上限金利が15%以下で設定されていますが、イオン銀行カードローンは上限金利が13.8%で設定されています。大手銀行のカードローンより金利が低い点がオススメポイントになります。

・ATMで24時間手数料無料で借入可能

カードローンを利用する時にATMを利用する時は時間が制限されてしかも手数料が発生する事があります。しかしイオン銀行カードローンを利用する時はATMで24時間手数料無料でお金を借りる事が出来ます。

口座振替による返済のメリットは返済遅延のリスクが少ないだけ!

最近では、銀行や消費者金融のカードローンも銀行口座からの振替による返済が可能になっています。一見すると返済に於けるメリットが大きく感じられるものの、あくまで返済遅延といったリスクの軽減だけと言えます。

ついうっかりで、返済期日に返済できないという問題は解決出来るものの、毎月の返済額が最小限の金額に設定されており、口座振替による返済だけでは返済期間の長期化に繋がり、総返済額の増加といったデメリットに直結してしまいます。

そのため、口座振替による返済は返済遅延を防ぐ保険と考え、追加返済との組み合わせを返済計画に盛り込むことが重要になっています。また、追加返済が面倒だからといって口座返済に頼るのもおすすめは出来ません。

無利息のカードローンを利用するメリットを考えた利用

カードローンは、キャッシングと比べて分割返済が出来る点で魅力的ですが、近年では消費者金融会社などで無利息で借りられるようになっています。無利息カードローンを利用する条件は、カードローンを初回利用した場合です。消費者金融会社によって異なりますが、無利息ローンは、最大30日間借入金額を全額無利息にするパターンと一定期間だけ一定の借入金額を無利息にするパターンがあります。

このような無利息カードローンを利用するメリットは、返済総額を最小限に抑えられる事で無理なく、サービスを活用する事が出来る点です。カードローンやキャッシングは、自由に使える資金を用立ててもらえますので、ユーザーが様々な使い方をしたい時に重宝するでしょう。

プロミスでキャッシングをする時に収入証明書の提出が必要な条件は?

プロミスは申し込みをする時に本人確認書類の提出が必要になってきますが、条件によっては収入証明書の提出も必要になってきます。そこでプロミスでキャッシングをする時にどのような時に収入証明書を提出しなければいけないのか条件を確認していきましょう。

プロミスは総量規制の対象になっているので多額の借り入れをする時は返済能力があるかどうかをしっかり確認します。それで借入希望額が50万円以上の時に収入証明書の提出が求められます。

また借入希望額が50万円以下でも他社からの借入額と合計して100万円以上になる時も収入証明書の提出が必要になります。源泉徴収票、確定申告書など準備するのに手間がかかる書類なので申し込みをする前にしっかり確認しておきましょう。

大手の消費者金融と中小の消費者金融の比較

消費者金融はアコムやプロミスなど大手とノーローンなど中小があるのでどちらを利用した方がいいのか分からない人も少なくないでしょう。そこで大手の消費者金融と中小の消費者金融を比較してみる事にしましょう。

大手の消費者金融はWEB完結申込、無利息サービスなど利用者がメリットになるサービスを提供しています。それでサービス面に優れている点がメリットになります。中小の消費者金融はサービス面ではあまり充実していませんが、柔軟な審査をしてくれるという特徴があります。

大手の消費者金融は過去に金融事故などの経験があると審査に落ちてしまいますが、中小の消費者金融は現在を重視するので過去に金融事故などの経験があっても現在がしっかりしていれば審査が可決されてキャッシングをする事が出来ます。比較してみるとサービス面は大手の消費者金融、柔軟に審査をしてくれるのが中小の消費者金融という結論になります。

アイフルのカードローンをバレずに契約するコツ

アイフルのカードローンはポイントを抑えて申込みを行うことで人にバレずに契約がしやすくなっています。

人に知られずに契約するために押さえておくべきポイントを紹介していきます。

・ネット申込みをする

アイフルのカードローンはネット申込みをすることで自宅に居ながら24時間申込みができます。

店舗に来店するのと比べると人に見られるリスクがないので、他人にバレずに契約したい場合にはネット申込みがおすすめです。

・配達時間えらべーるを利用する

ローンカードの受け取る際には自宅でカード受取ができる「配達時間時間えらべーる」というサービスの利用がおすすめです。

同サービスを利用すれば日時を指定して自宅で申込み者本人のみがカード受取ができるようになります。