カテゴリー別アーカイブ: キャッシング

カードローンは便利でお得な無利息期間を利用しよう

カードローンやキャッシングというと、どうしてもあまり良いイメージがないという人が多いかもしれません。

しかし考えようや利用の仕方によってはとても便利なものかもしれませんし、どうしてもお金が必要という時に助けられたという人もいるでしょう。

また、最近のカードローンは無利息期間を設けているものも増えてきて、初回利用時は30日間や万円までなら180日間など、各社利用条件は異なりますがかなり太っ腹の会社もあります。

例えばあと一ケ月後には賞与がでるけど、急に大きな出費があり定期預金などは崩したくないという人などもいるかと思います。

そういった時などに無利息のカードローンを利用すれば自分の貯蓄を減らすことなく借りられるわけですから、なかなか便利なものといえます。

そういった事を念頭に置くと、もし急な出費があった時は、無利息のカードローンの利用を選択肢に入れておいても良いでしょう。

各社のキャッシングをよく調べるようにしましょう

キャッシングの利用ができる身近な金融機関には銀行と消費者金融があります。銀行系のキャッシングも消費者金融系のキャッシングも各社によって微妙な違いがあります。
キャッシングを利用する際は公式ホームページを必ず見て、サービス内容の詳細を確認して自分に合ったキャッシングを見つけるのが良いでしょう。
銀行系と消費者金融系のキャッシングを比較した場合、金利の面では銀行系のものが利用者としてはメリットが大きいと言えます。
銀行系のキャッシングを利用する際の金利は消費者金融系のものより数%ほど低くなっているからです。
数%の差なので返済期間が短ければ大きな違いは出てきませんが、返済期間が長くなると無視できない金額となるでしょう。

返済まで時間がかかりそうなときは銀行系のキャッシングへの申し込みがおすすめとなります。
短期間で返済できるという場合は消費者金融系のキャッシングに申し込んでみるのも良いでしょう。
なぜなら、消費者金融のなかには所定の期間内の利息を無料としているところもあるからです。
利息を無料とすることができれば銀行系のキャッシングを利用するよりメリットは大きくなります。
キャッシングのなかには利息が無料となるものまでありますので、キャッシングに申し込む前には各社のサービス内容を詳細に調べて少しでも自分に合ったものを選ぶようにしましょう。

プロミスのアプリローンとは

プロミスのキャッシング商品の中でも特に審査スピードがはやく、また来店不要で契約できる便利なサービスとして注目を集めているのがアプリローンという商品です。このローン商品の詳細について確認していきましょう。

アプリローンはスマートフォンの専用アプリを利用して契約申込みや借り入れを行うローン商品です。契約の手続きや書類の提出などは全てスマートフォンのアプリ経由で行いますし、審査にかかる時間は最短で1時間と、スピーディな申込みと借入ができます。

なお、契約後にはローンカードの発行が行われず、アプリから借入の操作を行うことで、セブン銀行ATMからお金の引き出しが可能となっています。もちろん即日キャッシングにも対応してくれるので、急いでいるときに大変便利です。

キャッシングの利息の簡単な計算方法は?

お金を借りたあとに気になる利息ですが、年利〇%と書かれていても実際にどれくらい支払うことになるのかは分かり辛いですね。

例えば18%で10万円を借りた場合、一ヵ月後に支払う利息は約1,500円です。その月に1万円と利息を返済したら翌月は残額の9万円で計算するので、二ヶ月目に支払う利息は約1,350円です。つまり元本が減っていけば、利息自体も少しずつ減っていきます。1ヶ月の日数はその月によって前後しますが、一番簡単な計算方法は「キャッシング残高×利率÷12」です。

この式さえ理解していれば、その月に支払う利息の金額が分かります。繰上げ返済をした場合にどれだけ利息分を節約できるかも分かりますので、「早く返済したい」という気持ちにもなれますね。

また利息の計算ができることでキャッシングを利用する時の1%の重みもよく理解できます。特に借入額が大きくなるほどに、利息の差でトータルの支払額も大きく異なってきます。最初は何となく借りやすい業者で借りたという人でも、利息が理解できれば少しでも利息が安い業者で借り替えるという選択肢が出てきます。

キャッシングと上手に付き合うためにも、キャッシングの利息は自分で計算できるようにしておくと安心ですね。

銀行系キャッシングのメリット

キャッシングといえば消費者金融系が有名ですが、銀行系キャッシングにも利用するにあたりメリットとなる部分が多くあります。

そのメリットの一つとしてまず挙げたいのが、総量規制の対象外であるということです。

消費者金融系は総量規制の対象となってしまうため、借りられる上限は年収の3分の1までとなってしまいます。

そのため、年収によっては自分の希望する額を借りられないことになる場合もあります。

しかし総量規制の対象外である銀行系の場合は、年収の3分の1以上の借入であっても返済能力を認められれば借入することが出来ます。

そして、消費者金融系、信販系と比べて金利が低いというのも銀行系のメリットです。

消費者金融系は金利上限が18%台の業者がほとんどですが、銀行系の場合は15%前後が金利の上限となっているので、利用にあたり金利をより安く抑えることが出来ます。

他にも銀行系のATMをはじめ、コンビニのATMなど利用出来る場所が多くあるので、いつでもどこにいても気軽に利用することが出来るというのも銀行系キャッシングのメリットと言えるでしょう。

銀行系キャッシングにもこういったメリットがありますので、キャッシングを利用する際は銀行系の利用も視野に入れて業者選びをするようにしましょう。

始めて利用したアコム

“私が始めてキャッシングを利用したのは25歳の時でした。
会社に勤務はしていましたが、当時付き合い始めたばかりの彼女とお盆休みに旅行にいく約束をしていました。
付き合いたてということもあり、見栄を張りたい気持ちもあり旅行代金は全額、私が支払うことを決めていましたが、会社の給料だけでは足りず、キャッシングでお金を借りる事を考えました。
当時コマーシャルでも有名だったのでアコムで借りる事を決めました。
無人機での契約でした。最初はお金を借りる事に罪悪感もありましたし、無人機に向かうまでは不安しかありませんでした。
いざ無人機に入ると、画像と音声で大変丁寧に対応して頂きましたし、シュミレーション等で返済の計画なども細かく確認できましたので、不安感もなくなり、とても安心して借り入れをすることができました。
契約自体も数十分で終わりましたし、契約後にすぐに借り入れもできましたので、とても便利に利用させていただきました。
彼女との旅行も無事に終わり、とても感謝しています。”

消費者金融と銀行カードローンの比較

手軽に利用できるキャッシングとしてまず思い浮かぶのは消費者金融と銀行カードローンです。

このふたつには大きな違いがないようにも思えますが、深く考えずに選んでしまうと損をしてしまう可能性もあります。

このふたつの金融機関の異なる部分、そのひとつが利息です。

借り入れ額が少額なほど利息は高く、高額なほど利息が低くなっていくという仕組みはどちらの金融機関も同じですが、比較すると銀行カードローンの方が利息が低く設定されています。

また限度額についても銀行カードローンの方が高くなっており、より多くの金額を借り入れることが可能です。

さらにキャッシングには総量規制の問題もあります。

消費者金融には「総量規制」という決まりがあるため、収入の少ない方が高額の借り入れを行なったり、収入がない方への貸付を行うことはできません。

そのため専業主婦の方などは事実上消費者金融からの借り入れはできなくなってしまうのです。

利用者の貸し倒れリスクなどを減らす目的で作られた総量規制ですが、この決まりも銀行カードローンには適用されません。

そのため銀行カードローンへの申し込みは専業主婦の方でも行なうことができます。

ここまで聞くと銀行カードローンの方がメリットが多いような気もしますが、その分審査が通りにくいというデメリットがあります。

審査の内容はどちらの金融機関とも明かされていませんが、銀行カードローンには総量規制などの決まりがない分、より慎重な審査をしている印象です。

消費者金融は利息や限度額については銀行カードローンに比べると劣るものの、無利息期間の実施や借り入れ返済のしやすさなど、サービス面に力を入れています。

商品やサービスの購入では、キャッシングを利用しない方が良いことも!

銀行カードローンや消費者金融のカードローンにより、現金を借り入れ、商品やサービスの購入をする方は少なくないと思います。実際のところ、クレジットカードのショッピング枠で代金の支払いは可能であるものの、分割回数の制約を考慮した場合、カードローンの方が長期返済に向いているように感じてしまいます。また、銀行カードローンなら金利が低いため、メリットは高くなります。

一方、消費者金融のカードローンを利用し、商品やサービスの購入を行った場合、現実的には割高な返済となってしまい、クレジットカードを利用した方が良くなってしまいます。クレジットカードの場合、分割回数に限度はあるものの、リボ払いにすることで長期返済に対応することが出来ます。

また、クレジットカードのリボ払いの方が、消費者金融の金利よりも低いといったのが実態です。無利息サービスにより、お得に利用出来ると思いがちですが、金利差が3%差となってしまい、無利息サービスの効果が少なくなってしまいます。商品やサービスの購入をキャッシングに頼る前にクレジットカードが使えるかどうか確認することが重要です。

また、キャッシング契約により支払を行う場合は、カードローンよりも金利の低いフリーローンや目的別ローンを選択するのが得策です。

消費者金融の自動契約機で申込手続きをするメリット

消費者金融はここ数年でほとんどの業者がWeb完結で申込手続きをする事が可能になっていて来店不要でキャッシング出来ると評判になっています。しかし今まで申込手続きをしていた自動契約機も最近では駅前や国道沿いなど便利な場所に設置されるようになってきています。現在はWeb完結で申込手続きをする人が多くなってきていますが、自動契約機で申込手続きをするとメリットになる事もあります。

Web完結で申込手続きをする場合は振込キャッシングになるので銀行の営業時間を考える必要があります。しかし自動契約機で申込手続きをする場合はカードを利用して借り入れをするので銀行の営業時間に影響される事はありません。カードで借り入れをする場合は遅い時間でも対応してもらえるというのがメリットになります。

自動契約機は自動化されているのでとにかく申し込みからカード発行までのスピードが早いです。しかも不明な点があった時は備え付けの電話でオペレーターに質問出来るのでスピーディーに契約手続きを完了する事が出来ます。特に今すぐお金が必要で急いでいるという人はメリットになります。

自動契約機は土日祝日でも営業しているので仕事をしている人でも申込手続きがしやすいというメリットがあります。しかし年末年始だけは営業していないので注意しましょう。

アイフル契約時のメリットとデメリット

消費者金融大手の中でも比較的高い知名度を誇る企業がアイフルです。

年間利息は通常のキャッシングローンで4.5%~18.0%で設定されており金利面においては他社と大きな差異は認められませんし、インターネット受付や自動契約機による契約にも他社同様に全国対応していますから、一見するとこれといった特徴のない消費者金融に見えるかもしれません。

ですが、アイフルの利用で忘れてはならないポイントが、無利息サービスが無いという点です。プロミスやアコム、レイク等で提供されている初回契約者向けの無利息サービスを受ける事ができませんから、少しでも金利を安くしたいという方にはあまり向かない消費者金融だと言えます。

このように記載するとアイフルはあまりメリットのない企業だと思われるかもしれません。ところが、アイフルは金利面のメリットを廃する代わりに、契約時の利便性において大きく他社に勝っているのです。

まず、アイフルは自動契約機てまいらずの受付時間が長いという特徴を有しています。特に最近では8:00~21:45と業界随一の受付時間を拡大しており、急ぎの融資にも幅広く対応している消費者金融です。

また、インターネット申込の場合にネックとなるカードや添付書類の郵送時間を選べる点も会い降るの大きなメリットです。時間を指定する事ができますから、インターネット契約を行う方の多くが気にしている家族や同居人に知られる心配がありません。

また、受取時も配達員が受取確認を行ってもらえますから、必ず自分が受取る事ができる点も外せない魅力でしょう。

アイフルは契約時の金利サービスには劣りますが、利便性やプライバシーにおいては強い企業だと言えます。