月別アーカイブ: 2017年12月

クレジットカードの利用残高に注意!クレジットカード会社系の保証会社!

クレジットカードはキャッシュレス時代の現代にとって、非常に便利かつお得に商品やサービスの支払が出来るサービスです。しかし、キャッシング契約する際には保証会社の本業に注意しなければ、審査通過が厳しくなるケースがあります。

例えば、銀行カードローンの場合、保証委託先が消費者金融系会社もしくはクレジットカード系会社が一般的です。特にクレジットカード会社が保証委託先となる場合、個人消費に対するノウハウ、そしてクレジットカードの審査での実績が大きく、審査が厳しくなる傾向があります。

特にクレジットカードの利用残高が多く、毎月の収入に対して支払額が低い場合はキャッシング契約は厳しくなります。また、無駄遣いとも判断出来る利用が多いほど、キャッシング契約により返済不能になるリスクが高まるため、クレジットカードの利用頻度が多い場合には注意が必要になります。

特に分割購入が多いほど、毎月の返済能力が低く判断されるため、キャッシング契約する際は毎月一括払いで出来る利用に留めるなどの事前対策が重要になります。債務整理者がキャッシング契約する理由には、クレジットカード支払いというものもあるため、キャッシングによる自転車操業状態と判断されないように注意するのが肝心です。

20代の社会人がキャッシングをする時にアコムを利用する理由は?

20代の社会人は仕事帰りに遊んでしまう事も多いので金欠になってしまいやすいです。それでキャッシングをする事を考えますが、アコムを利用する人が多いです。そこでなぜ20代の社会人はキャッシングをする時にアコムを利用するのか理由を見ていく事にしましょう。

アコムは無人契約機のむじんくんが有名ですが、スマホの普及によってネット完結をする事が出来るようになっています。キャッシングをする時は他の人に内緒にしたいものなので20代の社会人はアコムのネット完結を利用してキャッシングをする事が多いです。またアコムは初めて利用する時に契約日の翌日から30日間無利息でお金を借りる事が出来ます。20代の社会人は初めてキャッシングをする事が多いのでアコムを選びます。

主婦がキャッシングをどのように活用出来るのか

キャッシングは、満20歳以上満70歳以下という条件と一定の収入があれば、利用出来る個人向けの融資サービスです。
その為、主婦であっても、会社に勤めて働いているのであれば、申込みの対象になり、キャッシングの申込みをした上で審査を受けられます。
主婦が消費者金融会社からお金を借りる要件を満たせば、キャッシングの利用が行えますので、審査を通過する事が重要になってきます。

キャッシングは、利用条件を満たしている者であれば、申し込みが出来る融資サービスですが、様々な手続きをする上で女性向けのキャッシングサービスがあった方がより使いやすいと感じるユーザーもいます。
近年では、大手消費者金融会社を中心にレディースローンが用意されており、これを使う事で、女性従業員が各種手続きを行ってくれますので、女性は安心してキャッシングサービスを使えます。

主婦がキャッシングを様々なシーンで活用する事が出来ます。給料日までお金が入ってくる見通しが無い状況で、お金が必要となった時に、立て替え目的においてキャッシングで融資を受けたり、公共料金などの支払いの一時的な立て替えに使ったりというような利用シーンが考えられるでしょう。

主婦でもキャッシングは審査を通過すれば、利用する事が出来ますので、申し込みをしてみるのも良いでしょう。

大手金融機関の審査に落ちた時どうする?

正社員の方でも、初めてカードローンに申し込んだのに審査に落ちる場合があります。

申し込みを軽く考え適当に記入した場合などに、審査に落ちる場合があります。

また転職して間もなくや賃貸住宅に引っ越しして間もない方も、審査に落ちる場合があります。

審査に落ちたからと、次の金融機関に申し込んでも多分同じ結果となるでしょう。

なぜなら審査に落ちたという結果は、信用情報機関に登録され金融機関にばれるからです。

また審査に落ちたからと次々に申し込んだら、申し込みブラックというプチブラックリスト入りとなります。

ですから1度審査に落ちた場合、半年経ってからチャレンジすれば審査に通るかもしれません。

しかし半年も待てないという方は、中小の消費者金融がオススメです。

独自の審査スタイルを確立しているので、大手金融機関で落ちた方でも十分通る可能性があります。

アコムの無利息サービスを利用する時の注意点

アコムは無利息サービスがあるので初めて利用する人は契約日の翌日から30日間無利息でお金を借りる事が出来ます。それで初めて消費者金融でキャッシングをする時はアコムを利用した方がいいという声がよく聞かれますが、無利息サービスを利用する時は注意したい点があるのでしっかり確認していきましょう。

アコムの無利息サービスは初めて利用する人が適用対象になりますが、条件もあるので注意が必要です。アコムは返済期日を自分で指定する事が出来ますが、35日ごとに指定しないと無利息サービスが適用されません。それで無利息サービスを利用する時は返済期日を35日ごとに指定する必要があります。

また無利息サービス期間中に返済期日が来て返済を忘れてしまうとサービス停止になり翌日から利息が加算されるので注意しましょう。

みずほ銀行カードローンのキャッシュカード兼用型のカードとカードローン専用型のカードの違いは?

みずほ銀行カードローンはキャッシュカード兼用型とカードローン専用型の2種類のカードがあるので申し込みをする時に選択する必要があります。そこでキャッシュカード兼用型とカードローン専用型の違いについて見ていく事にしましょう。

キャッシュカード兼用型のカードはキャッシュカード機能とカードローン機能が一緒になっていて口座を持っている人が選ぶ事が出来ます。またカードローン専用型のカードはカードローン機能だけが付いていてキャッシュカードとは別々に利用したい人が選ぶ事が出来ます。申し込みから融資可能になるまでにかかる時間や利用する事が出来るATMの種類なども異なるので自分に適した方のカードを選んでお金を借りるようにするといいでしょう。

キャッシング契約が在籍確認でバレてしまう要因とは?

銀行や消費者金融のカードローンを利用する場合、審査時に勤務先への在籍確認が行われます。大手消費者金融の場合、社員証や給与明細などで代替出来るものの、電話による確認が一般的です。ですが、基本的には契約者のプライバシーに配慮され、契約内容については本人以外に伝わることはありません。また、電話自体も担当者個人名で行われるため、銀行や消費者金融からの電話とは気付かないようになっています。

しかしながら、在籍確認の内容からではなく、電話自体が不審に思われてしまう可能性があり、結果的にキャッシング契約の在籍確認と知られてしまう可能性があります。その要因としては、在籍確認先の電話番号であり、勤務先の電話番号を代表番号以外の番号で申し込んだ場合です。企業では、外部に非公開の電話番号が多数あります。

最近では社員ごとに社内電話として携帯電話やPHSを持たせていることも少なくはなく、その多くの電話番号が担当者の名刺以外では外部に知られることがないという状況です。

そのため、勤務先の部門の代表番号も非公開という可能性があるため、申し込みをする際は記載する電話番号に注意する必要があります。例え、キャッシング契約と疑われなかったとしても、私用電話で注意を受けてしまい、使用理由を聞かれるリスクがあります。

すぐにお金が必要なときでも安心な消費者金融のキャッシング

携帯電話代や家賃の支払いを忘れていたときや、急に家電製品が故障してしまったというときにそれらの出費に対処できるだけの現金を持ち合わせていないことはしばしばあります。

そのようなときに便利なのが消費者金融のキャッシングです。

消費者金融のキャッシングではさまざまな方法での申し込みを受け付けており、店頭での申し込みだけではなくネットからや無人契約機などでいつでもキャッシングの申し込みが可能になっています。

そのため、すぐにお金を借りたいというときでもキャッシングならばいつでも最短の時間で希望するだけのお金を借りることができます。

また、キャッシングでは限度額以内であれば何度でも繰り返して必要な分のお金を借りられるので、お財布がピンチのときはいつでも心強い存在になってくれます。