月別アーカイブ: 2017年9月

キャッシングの利息の簡単な計算方法は?

お金を借りたあとに気になる利息ですが、年利〇%と書かれていても実際にどれくらい支払うことになるのかは分かり辛いですね。

例えば18%で10万円を借りた場合、一ヵ月後に支払う利息は約1,500円です。その月に1万円と利息を返済したら翌月は残額の9万円で計算するので、二ヶ月目に支払う利息は約1,350円です。つまり元本が減っていけば、利息自体も少しずつ減っていきます。1ヶ月の日数はその月によって前後しますが、一番簡単な計算方法は「キャッシング残高×利率÷12」です。

この式さえ理解していれば、その月に支払う利息の金額が分かります。繰上げ返済をした場合にどれだけ利息分を節約できるかも分かりますので、「早く返済したい」という気持ちにもなれますね。

また利息の計算ができることでキャッシングを利用する時の1%の重みもよく理解できます。特に借入額が大きくなるほどに、利息の差でトータルの支払額も大きく異なってきます。最初は何となく借りやすい業者で借りたという人でも、利息が理解できれば少しでも利息が安い業者で借り替えるという選択肢が出てきます。

キャッシングと上手に付き合うためにも、キャッシングの利息は自分で計算できるようにしておくと安心ですね。

個人事業主にはビジネスローン以外に選択肢があるのか?

銀行カードローンやフリーローンの場合、事業性資金には利用出来ないため、個人事業主は契約が出来ません。大手消費者金融の場合、ビジネスローンを契約すれば、生計費から事業性資金に利用出来るため、借り入れ手段となります。ですが、問題は適用金利が高くなり、銀行カードローン並みの金利が望めないことです。結果的に個人事業主の場合、総返済額が高くなるカードローンを契約するしかないと思いがちです。

ですが、個人事業主でも銀行カードローン並み、もしくはそれ以下の金利で契約出来るカードローンがあります。それは、大手信販会社やクレジットカード会社が扱うカードローンです。あくまで貸金業法に基づくローンとなり、総量規制が適用され、融資額が低くなります。

しかしながら、これらのカードローンには銀行のフリーローンや多目的ローン並みの金利、すなわち年利10%以下というものがあり、個人事業主でも低金利で契約することが可能になっています。借り入れまでに掛かる時間は、2週間以上が一般的ではあるものの、妥協して高い金利の消費者金融から借り入れをする必要がなくなります。

インターネットで検索した場合、銀行カードローンや消費者金融のキャッシングローンが目立つものの、一度大手信販会社やクレジットカード会社の公式ホームページを確認してみるのがおすすめです。

アコムのカードローンで即日キャッシングを受けるためのポイント

アコムのカードローンは、審査のスピードに定評があるカードローンであり、最短で申込をしてから即日キャッシングを受けることができます。しかしながら、どのような方法で、どのようなタイミングで申込をした場合でも絶対に即日キャッシングが利用できるというわけではありません。アコムのカードローンで即日キャッシングを受けるためのポイントについて、詳しく解説をしていきます。

・申込方法

様々な申込方法が用意されていますが、即日キャッシングを受けるためには、スマートフォンやパソコンなどのオンライン申し込み、電話による申し込み、店頭窓口や自動契約コーナーへ来店しての申し込みをする必要があります。

郵送で申し込みをした場合には即日キャッシングは受けることができないので注意が必要です。

・タイミング

店頭窓口や自動契約コーナーで契約をする場合には各店舗の窓口が開いている間に契約書類を提出し、ローンカードの受け取りをする必要がありますし、オンライン申し込みを行い、振込キャッシングで借り入れをする場合には平日の18時までに受付を済ませる必要があります。申し込みをする時間や審査通過後の契約締結の手続きが遅れた場合には即日キャッシングは非常に難しくなるので、できるだけ早朝に申し込みをすることが大切だといえるのです。

銀行系キャッシングのメリット

キャッシングといえば消費者金融系が有名ですが、銀行系キャッシングにも利用するにあたりメリットとなる部分が多くあります。

そのメリットの一つとしてまず挙げたいのが、総量規制の対象外であるということです。

消費者金融系は総量規制の対象となってしまうため、借りられる上限は年収の3分の1までとなってしまいます。

そのため、年収によっては自分の希望する額を借りられないことになる場合もあります。

しかし総量規制の対象外である銀行系の場合は、年収の3分の1以上の借入であっても返済能力を認められれば借入することが出来ます。

そして、消費者金融系、信販系と比べて金利が低いというのも銀行系のメリットです。

消費者金融系は金利上限が18%台の業者がほとんどですが、銀行系の場合は15%前後が金利の上限となっているので、利用にあたり金利をより安く抑えることが出来ます。

他にも銀行系のATMをはじめ、コンビニのATMなど利用出来る場所が多くあるので、いつでもどこにいても気軽に利用することが出来るというのも銀行系キャッシングのメリットと言えるでしょう。

銀行系キャッシングにもこういったメリットがありますので、キャッシングを利用する際は銀行系の利用も視野に入れて業者選びをするようにしましょう。

はじめてのキャッシングは大手消費者金融業者を比較する

親に相談すると恥ずかしいし、友人に頼み込むのも迷惑をかける、お金に困ったときというのは、やはり業者からお金を借りるのが一番問題が起きにくく、返済さえしっかりすればスムーズにピンチを乗り越えることができます。初めてのキャッシングにおいてどこの業者を利用しようかまずは調べることが大切です。

消費者金融が最も身近で借りやすいですが、大手の業者としてはアコム、プロミス、モビット、アイフルや、レイクなどがあります。インターネット上にはこうしたキャッシング業者をまとめて比較することができるサイトがたくさん存在しており、それをチェックすれば似ているようで微妙な違いのある業者のサービスの特徴を知ることができるでしょう。

また比較するときには口コミをチェックしてキャッシングをしている人たちの満足度や評価を知るのもよいことです。そしてここがいいかなと思えた業者を選ぶことができれば、その業者のホームページをチェックしてみて、オンラインでの申し込みという流れで進めていくことができます。

こうした大手の業者は大手銀行グループに属していますので安定感があるし、申し込めば審査結果が出るのもかなり早いのであっという間にキャッシングが可能になります。

総量規制対象外のカードローンを優先的に申込みしよう

改正貸金業法が完全施行されて以降、貸金業法を法的根拠として貸金業務を行なう消費者金融や信販会社は、総量規制の影響を受けることになりました。総量規制とは、貸金業法の適用を受ける貸金業者全てからの借入合計額が、年収の1/3以内に制限される規制です。

銀行カードローンや信販会社カードローンならば、銀行法と信用金庫法という別の法律の適用を受けるので、そもそも総量規制対象外です。年収の1/3を超える利用限度額設定も審査に通過すれば可能となるので、借入額が多い人であっても収入次第では新たな借入を受けられます。

総量規制対象外のカードローンは、消費者金融よりも低金利で融資を行っていることが多く、無担保ローンでありながら年利15%未満で最初から融資が受けられます。なぜなら、間に保証会社を挟むことにより、銀行や信用金庫が直接貸し倒れリスクを負担する必要が無い仕組みが採用されているからです。

万が一長期延滞を起こす利用者がいても、保証会社に対して代位弁済請求を行なうだけで解決してしまうので、最初から低金利融資を行なっても損をすることがありません。保証会社は損をすることになりますが、後から法的措置により債権回収を行えば良いだけです。

銀行カードローンへの借り換えをしよう

消費者金融からの借入れを行っていると、確かに利便性という面で信販会社のカードローンよりも優れています。返済に関して融通が利くことから、親切な印象を受けるでしょう。しかし、利息制限法で定められている法定金利ギリギリの金利設定で融資していることには変わりありません。

同じ金額を借入れするならば、銀行カードローンを利用した低金利融資を受けると良いでしょう。消費者金融では18%の金利設定が当たり前であっても、銀行カードローンならば同じ利用限度額で14%の金利設定が一般的です。4%の金利差があれば、年数万円もの違いが出ても不思議ではありません。

銀行カードローンの中には、借り換え目的での利用を禁止しているケースがあるので、一概に全てのカードローンに対して借り換えが良いとは限りません。しかし、借入と返済のタイミングを1週間ズラすといった方法を行えば、借り換えを確かに行ったという証拠にはならず、怪しいけれども規約違反とは言えないでしょう。

最初から借り換え目的での申込みを許可している銀行カードローンにすれば、借り換えに対する制限はありませんが、金利がやや高めとなっていることが多く注意が必要です。返済方法と適用金利の2つを比較検討して、銀行カードローンへの借り換えを行いましょう。