月別アーカイブ: 2017年6月

商品やサービスの購入では、キャッシングを利用しない方が良いことも!

銀行カードローンや消費者金融のカードローンにより、現金を借り入れ、商品やサービスの購入をする方は少なくないと思います。実際のところ、クレジットカードのショッピング枠で代金の支払いは可能であるものの、分割回数の制約を考慮した場合、カードローンの方が長期返済に向いているように感じてしまいます。また、銀行カードローンなら金利が低いため、メリットは高くなります。

一方、消費者金融のカードローンを利用し、商品やサービスの購入を行った場合、現実的には割高な返済となってしまい、クレジットカードを利用した方が良くなってしまいます。クレジットカードの場合、分割回数に限度はあるものの、リボ払いにすることで長期返済に対応することが出来ます。

また、クレジットカードのリボ払いの方が、消費者金融の金利よりも低いといったのが実態です。無利息サービスにより、お得に利用出来ると思いがちですが、金利差が3%差となってしまい、無利息サービスの効果が少なくなってしまいます。商品やサービスの購入をキャッシングに頼る前にクレジットカードが使えるかどうか確認することが重要です。

また、キャッシング契約により支払を行う場合は、カードローンよりも金利の低いフリーローンや目的別ローンを選択するのが得策です。

キャッシングはあらかじめ返済額を把握することが大切!

キャッシングは返済計画や借り入れ期間などが重要になります。

一度お金を借りてしまうとお金を借りることに慣れてしまい、返済期間が長引いてしまう方もいますが、返済は一日でも早く完了したほうがお得になります。

消費者金融や銀行カードローンなどが行なっている比較的低額のキャッシングには日割り計算が用いられているため、日を増すごとに金利が発生しています。

そのため同じ借り入れ額でもできるだけ早く返済してしまうほうが総返済額を比較したときにお得になるのです。

初めて利用する方は金融機関によって無利息期間が設けられている場合もあるので、それを利用することもキャッシングを上手に使う方法といえます。

キャッシングというと時間が経つにつれどんどん借金が膨らんでいくイメージもありますが、日に日に利息がかかると言っても事前に計算しておくことである程度の返済額を把握することができます。

金融機関が利益をあげる仕組みとして利息はかかってしまうものですが、とはいえ利息はあらかじめ決められているため、それ以上でもそれ以下でもなく一定額が加算されていきます。

仕組みさえ理解してしまえば利息におびえる必要はありません。

そのためにも事前に返済額や利息を計算し、計画的に返済を行なっていくことが大切なのです。

消費者金融が利用できる環境について

日本には全国各地にATMがありますが、コンビニなどにあるATMまで考えると非常に膨大な数のATMがある事になります。大手の消費者金融はコンビニなどのATMとも提携しているので、24時間いつでもカードを利用してキャッシングを利用する事が可能です。これは非常に便利と言えるでしょう。

お金にどこでいつ困ってしまうのかは、誰にもわかりませんが、消費者金融と契約をしておくだけで、お金に困った場合に役立てる事が可能なのです。またキャッシングやカードローンを利用したい場合は返済を行う必要がありますが、提携先のATMでも返済が可能です。

日中返済に遅れてしまった場合でも、仕事終わりに返済する事も出来るので、安心してキャッシングを利用した生活が出来るのではないでしょうか。日本ではキャッシングを便利に利用できる環境が整っているので、快適に活用する事が出来るでしょう。

このように消費者金融は非常に便利に利用する事が可能になっていますが、実際に利用する場合は使いすぎに注意する必要があるでしょう。また提携ATMは非常に便利ですが、手数料なども必要になるので、後先の事を考えた上での利用を考える必要があります。上手に活用して役立てていきましょう。

中小の消費者金融の審査は通りやすいのか

街金とも呼ばれることもある中小の消費者金融はなんとなく怖いというイメージがあるのではないでしょうか。しかし、それはほとんどが街金を闇金と混同しているだけで、金融庁に登録している消費者金融は中小であっても貸金業法の適用を受けますから、上限金利を超えた利息を取ることはありませんし、違法な取り立てをすることもありません。法律の枠外で営業している闇金とは全く違った存在です。

もう一つの中小の消費者金融についての誤解は大手の消費者金融よりも審査が厳しくないということでしょう。それは中小の消費者金融は大手の消費者金融との競争に勝つために審査に通りやすくしているいうものですが、納得しやすい理由といえます。

しかし、実際には中小の消費者金融が大手の消費者金融よりも審査に通りやすいということはありません。消費者金融に限らず金融機関はそれぞれの審査基準に基づいて審査をして融資を実施します。それはそれぞれの消費者金融が融資を実施して、その融資したお金が返済されるかどうかということが最も重要であり、返済可能な人と判断すれば融資を実行するのです。

融資が返済されないと消費者金融の経営に関わりますから、競争の為に審査を大手の消費者金融よりも通りやすいということはありえないのです。