キャッシング契約が在籍確認でバレてしまう要因とは?

銀行や消費者金融のカードローンを利用する場合、審査時に勤務先への在籍確認が行われます。大手消費者金融の場合、社員証や給与明細などで代替出来るものの、電話による確認が一般的です。ですが、基本的には契約者のプライバシーに配慮され、契約内容については本人以外に伝わることはありません。また、電話自体も担当者個人名で行われるため、銀行や消費者金融からの電話とは気付かないようになっています。

しかしながら、在籍確認の内容からではなく、電話自体が不審に思われてしまう可能性があり、結果的にキャッシング契約の在籍確認と知られてしまう可能性があります。その要因としては、在籍確認先の電話番号であり、勤務先の電話番号を代表番号以外の番号で申し込んだ場合です。企業では、外部に非公開の電話番号が多数あります。

最近では社員ごとに社内電話として携帯電話やPHSを持たせていることも少なくはなく、その多くの電話番号が担当者の名刺以外では外部に知られることがないという状況です。

そのため、勤務先の部門の代表番号も非公開という可能性があるため、申し込みをする際は記載する電話番号に注意する必要があります。例え、キャッシング契約と疑われなかったとしても、私用電話で注意を受けてしまい、使用理由を聞かれるリスクがあります。