プロミスの目的ローンの特徴と概要

プロミスでは借りたお金を自由に使うことができるフリーキャッシングに加えて、借りたお金の使いみちがはっきりしている人向けのローン商品である目的ローンの取り扱いもあります。
教育のための資金や旅行資金、結婚のための資金など用途が決まっている場合には目的ローンを選ぶことでよりお得にキャッシングができる可能性が高くなります。

目的ローンの詳細ですが、実質年率は6.3%?16.5%と特に最高利率の面でフリーキャッシングよりも好条件となっていますし、利用限度額に関しても最高で300万円までとゆとりがあります。

20歳以上69歳以下で申込者本人に安定した収入があれば、パートやアルバイトでも申込ができるので、多くの人が利用可能となっています。

始めて利用したアコム

“私が始めてキャッシングを利用したのは25歳の時でした。
会社に勤務はしていましたが、当時付き合い始めたばかりの彼女とお盆休みに旅行にいく約束をしていました。
付き合いたてということもあり、見栄を張りたい気持ちもあり旅行代金は全額、私が支払うことを決めていましたが、会社の給料だけでは足りず、キャッシングでお金を借りる事を考えました。
当時コマーシャルでも有名だったのでアコムで借りる事を決めました。
無人機での契約でした。最初はお金を借りる事に罪悪感もありましたし、無人機に向かうまでは不安しかありませんでした。
いざ無人機に入ると、画像と音声で大変丁寧に対応して頂きましたし、シュミレーション等で返済の計画なども細かく確認できましたので、不安感もなくなり、とても安心して借り入れをすることができました。
契約自体も数十分で終わりましたし、契約後にすぐに借り入れもできましたので、とても便利に利用させていただきました。
彼女との旅行も無事に終わり、とても感謝しています。”

カードローンは無利息でも

カードローンというのは、無利息で貸してくれることもあるでしょう。それはなんといってもまずは自分のところで借りることにメリットを見出してくれるようにしたほうがよいからです。それがカードローン業者としては考えることにしましょう。

カードローンとは最初に自分の分限を決めることができるようになります。そうして金額を借りるがはっきりとすることになります。例えば50万円と限度額が決定したのであれば20万円を借りたのであれば残りは30万円になります。このように細かく借りることができるようになります。

無利息で借りることができるのはキャンペーンなどになります。ですから、常にやっているのか、というのは別問題になります。そのあたりはよく注意しておいたほうがよいでしょう。昔、このようなことがあったから、まだやっているだろう、と考えて申込みをしないほうがよいでしょう。

あくまてしっかりと業者のサービス内容を見るべきでしょう。無利息で借りることが出来る期間は本当に助かることになるでしょうから、使えるようにしておくことはよいことでしょう。上手くすればノーコストでお金を借りることができるようになるでしょう。もちろん、返すことにはなります。

消費者金融と銀行カードローンの比較

手軽に利用できるキャッシングとしてまず思い浮かぶのは消費者金融と銀行カードローンです。

このふたつには大きな違いがないようにも思えますが、深く考えずに選んでしまうと損をしてしまう可能性もあります。

このふたつの金融機関の異なる部分、そのひとつが利息です。

借り入れ額が少額なほど利息は高く、高額なほど利息が低くなっていくという仕組みはどちらの金融機関も同じですが、比較すると銀行カードローンの方が利息が低く設定されています。

また限度額についても銀行カードローンの方が高くなっており、より多くの金額を借り入れることが可能です。

さらにキャッシングには総量規制の問題もあります。

消費者金融には「総量規制」という決まりがあるため、収入の少ない方が高額の借り入れを行なったり、収入がない方への貸付を行うことはできません。

そのため専業主婦の方などは事実上消費者金融からの借り入れはできなくなってしまうのです。

利用者の貸し倒れリスクなどを減らす目的で作られた総量規制ですが、この決まりも銀行カードローンには適用されません。

そのため銀行カードローンへの申し込みは専業主婦の方でも行なうことができます。

ここまで聞くと銀行カードローンの方がメリットが多いような気もしますが、その分審査が通りにくいというデメリットがあります。

審査の内容はどちらの金融機関とも明かされていませんが、銀行カードローンには総量規制などの決まりがない分、より慎重な審査をしている印象です。

消費者金融は利息や限度額については銀行カードローンに比べると劣るものの、無利息期間の実施や借り入れ返済のしやすさなど、サービス面に力を入れています。

キャッシングの限度額と増額について

キャッシングを考えている多くの方が気になるポイントと言えば、それは自分がいくら借りる事ができるかになります。これはキャッシングと言う物がその月を何とかしのぎたいと考える方が利用することが理由になっていて、例えば冠婚葬祭などの出費で10~20万円必要になった時にはそれに充てられるだけのお金を借りる必要があります。

なのでキャッシングを考えている方の多くは自分が借りられる限度額を気にしているのですが、基本的にこの限度額と言う物は本人の収入と信用によって変わってきます。最も一般的なサラリーマンの場合は初めての申し込みでも10万円程度キャッシングできるとされていますし、パート主婦ならば最初は3~5万円程度になっています。

ただ上記のように信用でも限度額は変わる事があり、最初は少額であっても完済を繰り返すことで消費者金融側から返済能力が高いと見なされるようになり限度額は上がっていきます。

また、完済できなくても長期的に利用している場合にはほぼ自動で限度額は上がっていきます。この場合は利息分だけの返済を繰り返しているケースなどが当てはまり、消費者金融側は限度額を増やす事でその分の利息を増やし利益を確保しようとしていると言えます。

商品やサービスの購入では、キャッシングを利用しない方が良いことも!

銀行カードローンや消費者金融のカードローンにより、現金を借り入れ、商品やサービスの購入をする方は少なくないと思います。実際のところ、クレジットカードのショッピング枠で代金の支払いは可能であるものの、分割回数の制約を考慮した場合、カードローンの方が長期返済に向いているように感じてしまいます。また、銀行カードローンなら金利が低いため、メリットは高くなります。

一方、消費者金融のカードローンを利用し、商品やサービスの購入を行った場合、現実的には割高な返済となってしまい、クレジットカードを利用した方が良くなってしまいます。クレジットカードの場合、分割回数に限度はあるものの、リボ払いにすることで長期返済に対応することが出来ます。

また、クレジットカードのリボ払いの方が、消費者金融の金利よりも低いといったのが実態です。無利息サービスにより、お得に利用出来ると思いがちですが、金利差が3%差となってしまい、無利息サービスの効果が少なくなってしまいます。商品やサービスの購入をキャッシングに頼る前にクレジットカードが使えるかどうか確認することが重要です。

また、キャッシング契約により支払を行う場合は、カードローンよりも金利の低いフリーローンや目的別ローンを選択するのが得策です。

キャッシングはあらかじめ返済額を把握することが大切!

キャッシングは返済計画や借り入れ期間などが重要になります。

一度お金を借りてしまうとお金を借りることに慣れてしまい、返済期間が長引いてしまう方もいますが、返済は一日でも早く完了したほうがお得になります。

消費者金融や銀行カードローンなどが行なっている比較的低額のキャッシングには日割り計算が用いられているため、日を増すごとに金利が発生しています。

そのため同じ借り入れ額でもできるだけ早く返済してしまうほうが総返済額を比較したときにお得になるのです。

初めて利用する方は金融機関によって無利息期間が設けられている場合もあるので、それを利用することもキャッシングを上手に使う方法といえます。

キャッシングというと時間が経つにつれどんどん借金が膨らんでいくイメージもありますが、日に日に利息がかかると言っても事前に計算しておくことである程度の返済額を把握することができます。

金融機関が利益をあげる仕組みとして利息はかかってしまうものですが、とはいえ利息はあらかじめ決められているため、それ以上でもそれ以下でもなく一定額が加算されていきます。

仕組みさえ理解してしまえば利息におびえる必要はありません。

そのためにも事前に返済額や利息を計算し、計画的に返済を行なっていくことが大切なのです。

消費者金融が利用できる環境について

日本には全国各地にATMがありますが、コンビニなどにあるATMまで考えると非常に膨大な数のATMがある事になります。大手の消費者金融はコンビニなどのATMとも提携しているので、24時間いつでもカードを利用してキャッシングを利用する事が可能です。これは非常に便利と言えるでしょう。

お金にどこでいつ困ってしまうのかは、誰にもわかりませんが、消費者金融と契約をしておくだけで、お金に困った場合に役立てる事が可能なのです。またキャッシングやカードローンを利用したい場合は返済を行う必要がありますが、提携先のATMでも返済が可能です。

日中返済に遅れてしまった場合でも、仕事終わりに返済する事も出来るので、安心してキャッシングを利用した生活が出来るのではないでしょうか。日本ではキャッシングを便利に利用できる環境が整っているので、快適に活用する事が出来るでしょう。

このように消費者金融は非常に便利に利用する事が可能になっていますが、実際に利用する場合は使いすぎに注意する必要があるでしょう。また提携ATMは非常に便利ですが、手数料なども必要になるので、後先の事を考えた上での利用を考える必要があります。上手に活用して役立てていきましょう。

中小の消費者金融の審査は通りやすいのか

街金とも呼ばれることもある中小の消費者金融はなんとなく怖いというイメージがあるのではないでしょうか。しかし、それはほとんどが街金を闇金と混同しているだけで、金融庁に登録している消費者金融は中小であっても貸金業法の適用を受けますから、上限金利を超えた利息を取ることはありませんし、違法な取り立てをすることもありません。法律の枠外で営業している闇金とは全く違った存在です。

もう一つの中小の消費者金融についての誤解は大手の消費者金融よりも審査が厳しくないということでしょう。それは中小の消費者金融は大手の消費者金融との競争に勝つために審査に通りやすくしているいうものですが、納得しやすい理由といえます。

しかし、実際には中小の消費者金融が大手の消費者金融よりも審査に通りやすいということはありません。消費者金融に限らず金融機関はそれぞれの審査基準に基づいて審査をして融資を実施します。それはそれぞれの消費者金融が融資を実施して、その融資したお金が返済されるかどうかということが最も重要であり、返済可能な人と判断すれば融資を実行するのです。

融資が返済されないと消費者金融の経営に関わりますから、競争の為に審査を大手の消費者金融よりも通りやすいということはありえないのです。

キャッシングの限度額は個別に設定されます

キャッシングの申込みを行なうと、利用希望額とは異なる利用限度額が設定されることが少なくありません。希望額よりも少ないケースだけでなく、逆に多いことも少なくありません。どの貸金業者に申し込むかによっても、利用限度額設定は異なると知っておくと良いでしょう。

消費者金融に申込みを行なう際には、利用希望額よりも少ない金額で利用限度額が設定されることがあります。初めての取り引きという理由もありますが、改正貸金業法に基づく総量規制により、年収の1/3以内に貸付総額が制限されるからです。個人信用情報機関へ登録されている借入状況から、具体的な利用限度額を設定することになりますが、総量規制ギリギリの金額とならないように少な目の金額設定が行われます。利用状況に改善が見られれば、利用限度額の増額が可能となるわけです。

一方、銀行カードローンならば、最初から個人の返済能力を厳密に確認した上で、利用限度額を設定するので最初から多額の利用限度額が設定されやすいわけです。銀行法という別の法律が適用されて、総量規制対象外となるので、銀行が審査した結果次第で本人が予想していた金額よりも大きな金額が利用限度額となることが少なくありません。