キャッシングの臨時返済で短い期間で完済可能

キャッシングを提供している消費者金融や銀行では、定期返済の他に臨時返済にも対応しているケースがほとんどです。臨時返済は定期返済とは違い、義務化されている訳ではありません。毎月必ず臨時返済をしなくてはいけないということはなく、お金の余裕がある時に臨時返済を実施するだけで全然問題はありません。

また臨時返済はどのくらいの金額返済しなくてはいけないということは決まっていないので、自分の好きな金額を返済できるようになっています。臨時返済を積極的に実施していけば、完済するまでの期間を短くすることができます。その結果、キャッシングで支払う利息を一円でも少なくすることができるので、お得に完済できるようになるのが特徴です。

キャッシングの申し込みは意外と簡単

キャッシングと聞くとあまり良いイメージは無いかもしれませんが、計画的に利用すればとても弁利なサービスです。

まず最初の障壁は申し込みだと思います。お店に行って怖い人に捕まって契約するまで帰れなくなったらどうしようと考えている人が中にはいるかもしれません。

それはいわゆるヤミ金であればそういったことをするところもあるかもしれませんが、テレビでCMをやっているような大手の消費者金融であればそういった心配は無用です。今は無人契約機と呼ばれるATMと併設された場所でも申し込みはできますので店舗が不安という方はこっちを利用するとよいと思います。

申し込みに必要なのは身分証明と収入がわかるもの、現在の住居がわかるものの三点があれば大丈夫です。時間も30分から40分程で終わるので気軽に利用してみてはいかがでしょうか。

自動契約機は本当に無人なのか?

最近では消費者金融のカードローンも、Web申込みが主流になり、自動契約機は少々影が薄くなったかもしれません。審査完了後も、振り込んでもらったり、スマートフォンを使ったキャッシングもありますので、契約機でカードを入手する必要もなくなっています。

ですが、確実な即時融資の切り札、自動契約機はまだまだ役に立ちます。

この自動契約機、無人契約機ともいいますが、本当に無人です。掃除の人や、現金回収の人が出入りする以外、本当に人はいません。

さらに言いますと、他のお客もいない時間帯が圧倒的に長いです。自動契約機に来る必要がますますなくなってきているためでしょう。

ですから、女性の方も、今こそ自動契約機を使いましょう。落ち着いて手続きができていいですよ。

キャッシングはアルバイトでも利用する事が可能

キャッシングを利用するには、各消費者金融会社によって利用条件が定められています。満20歳以上満70歳ぐらいまでといった年齢条件、一定の収入がある者といった収入条件が主な条件です。この条件をクリアしているのであれば、アルバイトでもキャッシングの利用が出来る可能性が高いです。

アルバイトの場合には長期的にアルバイトをしている事で、審査において一定の収入があるとされ、年収に応じて限度額が決定していきます。その為、限度額が少なくなってしまう事がありますが、その限度額内でキャッシングを使う事が出来ます。

キャッシングを使う事によって、支払いなどに使う事が出来ますので、給料日までの立て替え用途に使えます。審査には本人確認書類が必要ですが、保証会社との契約をするなど保証人がいなくても契約が可能です。

キャッシング時には収入証明書が必要?

キャッシングを行なう際には利用者の信用情報を確認する作業が行われます。

それは在籍確認であったり、身分証明書の提出であったりとさまざまですが、借り入れの際に収入証明書の提出を求められるケースもあります。

ただし緊急の場合も少なくないキャッシングにおいて、取得に時間を要することもある収入証明書は不要なところもあります。

とくに大手消費者金融や銀行カードローンなどでは身分証明書で本人確認と審査が済めばそのままキャッシングができる金融機関も多くあります。

ただしキャッシングの条件として収入証明書不要で借りることができる金額は50万円までとなっており、それ以上の金額をキャッシングする場合には収入証明書が必要になります。

プロミスやSMBCモビットが傘下に入っている三井住友銀行のカードローンの特徴は?

プロミスやSMBCモビットなどは三井住友銀行グループの傘下に入っている大手の消費者金融なので安心して利用する事が出来ます。しかし最近では三井住友銀行のカードローンを利用した方がいいと考えている人も増えてきています。そこで三井住友銀行のカードローンはどのような特徴があるのか見ていく事にしましょう。

三井住友銀行のカードローンは最高金利が14.5%、限度額が最大で800万円で設定されているので借入条件が比較的良いです。また三井住友銀行のカードローンは利用明細書をネット上で確認する事が出来るので紙の利用明細書は発行していません。

自宅に利用明細書が郵送されてくる事がないので家族に見られてしまうリスクを抑える事が出来ます。家族に内緒でお金を借りたい人は三井住友銀行のカードローンを利用するのが適しています。

キャッシング業者で総量規制対象外のところはある?

キャッシングの借入が複数社にのぼってしまうと気になるのは総量規制。かと言って総量規制対象外である銀行カードローンは2018年より即日融資が難しくなってしまったため、スピーディーさを求める場合はキャッシング業者の中から借りられるところを探している方は多いでしょう。

総量規制対象外のキャッシング業者はあるものの、大手ではないため金利が高いなど心配してしまう点も多いのが現実。そこでおまとめローンという選択肢をオススメします。

複数社の借り入れが膨らむと毎月の返済が膨れ上がってしまうものですが、おまとめローンならば総量規制対象外ですし、毎月の返済を軽減することにもつながります。

大手のキャッシング業者の中でもアイフルではこのおまとめローンがありますし、金利も通常のキャッシングより低くできる可能性も。まずはwebで通常通り申込みをし、審査時に「おまとめローンにしたい」などと相談すればOKです。ぜひお試しください。

自営専従者の見做し方には注意!専業主婦扱いになることも!

消費者金融でキャッシング契約を行う際、原則として本人に安定した収入があることが条件となっています。そのため、専業主婦は配偶者貸付以外は契約することができません。

では、配偶者が会社を経営している方で自身はその会社に勤務している場合は、会社員やパート・アルバイトと同じように契約ができると考えます。

ですが、消費者金融の中には配偶者が経営する会社の自営専従者となる場合、専業主婦と同等の扱いになることがあります。この場合、配偶者の収入が減少は連動するものと見做されてしまい、収入が安定しないということになっています。

ですが、重要なことは会社規模であり、安定した収益が確保して社会的にも信頼できる会社であれば、キャッシング契約出来る可能性はあります。ただし、個人経営で家族企業という場合には審査では不利になるため、申し込みには注意が必要です。

学生でも利用可能なキャッシング

20歳を超えて、アルバイトなどで安定した収入を得ている人であれば、学生であってもキャッシングの利用は可能です。ただ、学生の場合は実家暮らしかどうかによって、審査結果が大きく変わることがあります。

実家暮らしの場合は、アルバイトで得た収入はそのまま自由に使えることが多く、借入をしても問題なく返済可能と考えられます。それに対して、一人暮らしの場合は収入の大半が生活費に消えることも多いため、審査が厳しめとなります。

月々の収入や実家からの仕送りが多く、生活が安定してれば審査に通る可能性は高くなるでしょう。しかし、生活が大変と感じる状態の場合は、まず毎月の収入を増やしてからキャッシングの審査を受けるようにすることがおすすめです。

アルバイトで落ちる要因!一人暮らしは不利?

銀行や消費者金融のキャッシングローンは、20歳以上で本人に安定した収入があること、個人信用情報機関の登録情報に事故履歴がなければ、契約することが可能です。そのため、アルバイトやパートでも契約は可能です。

しかし、アルバイトやパートだから契約できるものでもなく、実際には居住形態や家族構成が審査通過のポイントになります。アルバイトやパートといっても、実家暮らしと一人暮らしでは結果は異なります。実家暮らしであれば生活に必要な費用面での不安はないものの、一人暮らしとなると収入から生活に必要な費用が支出され、返済に充てられる金額は大きく減ります。

そのため、実家暮らしの方が有利になります。重要なことは返済に対する余裕であり、アルバイトやパートが契約可能だからといっても自身の生活状況が重要になります。