キャッシングはあらかじめ返済額を把握することが大切!

キャッシングは返済計画や借り入れ期間などが重要になります。

一度お金を借りてしまうとお金を借りることに慣れてしまい、返済期間が長引いてしまう方もいますが、返済は一日でも早く完了したほうがお得になります。

消費者金融や銀行カードローンなどが行なっている比較的低額のキャッシングには日割り計算が用いられているため、日を増すごとに金利が発生しています。

そのため同じ借り入れ額でもできるだけ早く返済してしまうほうが総返済額を比較したときにお得になるのです。

初めて利用する方は金融機関によって無利息期間が設けられている場合もあるので、それを利用することもキャッシングを上手に使う方法といえます。

キャッシングというと時間が経つにつれどんどん借金が膨らんでいくイメージもありますが、日に日に利息がかかると言っても事前に計算しておくことである程度の返済額を把握することができます。

金融機関が利益をあげる仕組みとして利息はかかってしまうものですが、とはいえ利息はあらかじめ決められているため、それ以上でもそれ以下でもなく一定額が加算されていきます。

仕組みさえ理解してしまえば利息におびえる必要はありません。

そのためにも事前に返済額や利息を計算し、計画的に返済を行なっていくことが大切なのです。

消費者金融が利用できる環境について

日本には全国各地にATMがありますが、コンビニなどにあるATMまで考えると非常に膨大な数のATMがある事になります。大手の消費者金融はコンビニなどのATMとも提携しているので、24時間いつでもカードを利用してキャッシングを利用する事が可能です。これは非常に便利と言えるでしょう。

お金にどこでいつ困ってしまうのかは、誰にもわかりませんが、消費者金融と契約をしておくだけで、お金に困った場合に役立てる事が可能なのです。またキャッシングやカードローンを利用したい場合は返済を行う必要がありますが、提携先のATMでも返済が可能です。

日中返済に遅れてしまった場合でも、仕事終わりに返済する事も出来るので、安心してキャッシングを利用した生活が出来るのではないでしょうか。日本ではキャッシングを便利に利用できる環境が整っているので、快適に活用する事が出来るでしょう。

このように消費者金融は非常に便利に利用する事が可能になっていますが、実際に利用する場合は使いすぎに注意する必要があるでしょう。また提携ATMは非常に便利ですが、手数料なども必要になるので、後先の事を考えた上での利用を考える必要があります。上手に活用して役立てていきましょう。

中小の消費者金融の審査は通りやすいのか

街金とも呼ばれることもある中小の消費者金融はなんとなく怖いというイメージがあるのではないでしょうか。しかし、それはほとんどが街金を闇金と混同しているだけで、金融庁に登録している消費者金融は中小であっても貸金業法の適用を受けますから、上限金利を超えた利息を取ることはありませんし、違法な取り立てをすることもありません。法律の枠外で営業している闇金とは全く違った存在です。

もう一つの中小の消費者金融についての誤解は大手の消費者金融よりも審査が厳しくないということでしょう。それは中小の消費者金融は大手の消費者金融との競争に勝つために審査に通りやすくしているいうものですが、納得しやすい理由といえます。

しかし、実際には中小の消費者金融が大手の消費者金融よりも審査に通りやすいということはありません。消費者金融に限らず金融機関はそれぞれの審査基準に基づいて審査をして融資を実施します。それはそれぞれの消費者金融が融資を実施して、その融資したお金が返済されるかどうかということが最も重要であり、返済可能な人と判断すれば融資を実行するのです。

融資が返済されないと消費者金融の経営に関わりますから、競争の為に審査を大手の消費者金融よりも通りやすいということはありえないのです。

キャッシングの限度額は個別に設定されます

キャッシングの申込みを行なうと、利用希望額とは異なる利用限度額が設定されることが少なくありません。希望額よりも少ないケースだけでなく、逆に多いことも少なくありません。どの貸金業者に申し込むかによっても、利用限度額設定は異なると知っておくと良いでしょう。

消費者金融に申込みを行なう際には、利用希望額よりも少ない金額で利用限度額が設定されることがあります。初めての取り引きという理由もありますが、改正貸金業法に基づく総量規制により、年収の1/3以内に貸付総額が制限されるからです。個人信用情報機関へ登録されている借入状況から、具体的な利用限度額を設定することになりますが、総量規制ギリギリの金額とならないように少な目の金額設定が行われます。利用状況に改善が見られれば、利用限度額の増額が可能となるわけです。

一方、銀行カードローンならば、最初から個人の返済能力を厳密に確認した上で、利用限度額を設定するので最初から多額の利用限度額が設定されやすいわけです。銀行法という別の法律が適用されて、総量規制対象外となるので、銀行が審査した結果次第で本人が予想していた金額よりも大きな金額が利用限度額となることが少なくありません。

キャッシングを主婦が利用する方法

キャッシングを利用したいと考えるのは、会社員やOLだけとは限らず、家計を預かる主婦であっても同様に必要となる人はいます。仕事を持っている兼業主婦であれば、安定した収入があるので、パート・アルバイトでも申し込み可能なカードローンを利用すれば良いでしょう。しかし、専業主婦の場合には本人に収入が無いために事情が変わります。

信販会社や消費者金融が行っているカードローンでは、貸金業法による規制を受けるために年収の1/3以内に貸付額が制限されます。専業主婦であれば本人に収入が無いので、配偶者の同意書を提出しなければ信販会社と消費者金融からのキャッシングは出来ないことになります。総量規制が適用される以前は、専業主婦でも借入が出来ていたことを考えると、規制が厳しくなったことを意味します。

そこで、専業主婦でも借入が可能となっている銀行カードローンならば、適用される法律がそもそも異なるので、総量規制による影響を受けることはありません。結果として、世帯収入による審査を受けることでキャッシングが可能となるでしょう。必ず審査に通過するという保証は無いものの、少なくとも門前払いされることは無くなります。キャッシング先として主婦にとって優しい借入先は、銀行カードローンと考えられます。

消費者金融は大手以外に中小も魅力的なキャッシングがある!

消費者金融と言うと多くの方が、アコム、プロミス、アイフルそしてモビットという大手企業を思い浮かべます。しかし、これら大手消費者金融以外に中小消費者金融も多く存在し、大手と遜色のないキャッシングサービスを提供しています。消費者金融の最盛期には、現在の大手以外にも多くの貸金業者が広告を行い、無人契約機を設置して融資を行っていました。現在では、広告活動はインターネットをメインとして営業する消費者金融も多くなっています。

そして、これら中小消費者金融には大手消費者金融にはない魅力があります。特に大手の審査通過率は45%前後で推移しており、審査落ちしてしまう方が必ずいます。そこで審査落ちした方には中小消費者金融を選択することをおすすめします。

中小消費者金融の魅力は、大手消費者金融の審査ではシステム的に融資不可となる申し込みブラックや信用度の低い方でも独自審査基準によりしっかりと審査対応し、必要な金額を融資してくれる可能性があります。収入があり返済能力が伴っていても、書類上の与信が悪く借り入れ出来ないといった方でも、柔軟審査に対応した中小消費者金融から借り入れ出来るため、大手の審査が全滅してしまった場合でも借り入れ先が無くなってしまうことはありません。また、中小消費者金融は大手消費者金融が対応していない顧客との契約を行うことに対し、積極的な面もあります。

自動契約機での審査は優先される!

大手消費者金融は、近年、インターネットからWEB完結による審査申し込みから契約手続きに力を入れています。そもそも、インターネットであれば24時間365日、時間や場所を気にすることなくキャッシング契約が可能です。しかし、場所や時間帯が限定されないことから、申し込みが集中してしまうとスピード審査を掲げているにも、時間を要してしまいます。特に借り入れを急いでいる場合、いつ審査回答が来るのか予想もできないことがあります。

このような場合、今でも日本各地に設置されている自動契約機を利用する方が確実に短時間で審査結果を受けられ、借り入れまで出来てしまいます。インターネットからであれば、最短で30分とあるものの、勤務中なら時間を有効利用出来ます。あくまでも、他にやることがあり、借り入れも急いでいないときはおすすめです。

では、自動契約機の場合、何故審査が優先されるかというと応対先ではオペレーターが直接対応します。そのため、インターネットからの申し込みとは異なり、順次対応にならないというメリットがあります。オペレーターと直接対話することで、速やかに審査が実施されるため、スピード審査のサービスをより確実に受けることが可能になります。

アコムのおまとめローンの基本的な情報について

アコムは通常のキャッシングの他に複数の金融業者からの借入を一つにまとめる事が出来るおまとめローンがあります。おまとめローンを利用すると月々の返済額を減らす事が出来るので完済しやすくなるメリットがあります。そこでアコムのおまとめローンの基本的な情報を確認していく事にしましょう。

・申込資格や上限金利の設定は通常のキャッシングと同じ

アコムのおまとめローンの申込資格は20歳以上で安定した収入と返済能力がある人となっていて上限金利は18%に設定されています。申込資格や上限金利の設定は通常のキャッシングと同じになっています。

・限度額は最大300万円で低めに設定されている

アコムは通常のキャッシングの限度額は最大800万円に設定されていますが、おまとめローンの限度額は最大300万円に設定されています。通常のキャッシングより限度額は低く設定されているのでしっかり頭に入れておく必要があります。

・ネットで申し込む事が出来ない

アコムは通常のキャッシングの申し込みはネットで手続きをする事が出来ますが、おまとめローンはネットで申し込みをする事が出来ないので店頭窓口か無人契約機のむじんくんに出向いて申し込む事になります。おまとめローンの申し込みをする時は店頭窓口やむじんくんがある場所をしっかり確認しておきましょう。

即日キャッシングを利用する際の申し込みについて

即日キャッシングはお金に困った際に非常に役立つサービスですが、利用できる業者は複数あるので、1番条件の良い業者を選ぶ必要があります。キャッシングを利用する上で金利の比較や、信頼性が重要になってくるので、多くの消費者金融をしっかりと比較して、上手に活用するようにしましょう。

即日キャッシングは大手の消費者金融のほとんどで利用できるようになっていますが、ホームページなどをチェックして利用が可能かどうか確認してみましょう。また実際に利用するためには、申し込むタイミングも重要になります。インターネットで申し込んだ場合は、24時間受付が可能になっているので、働いている合間に申し込んだりすることも可能です。

しかしタイミングによっては融資が翌日になってしまう場合もあります。それは銀行の営業時間によってそうなってしまいますが、確実に即日キャッシングを利用したい場合は、営業時間に間に合うように考えた上で、申し込みを行うようにしましょう。

審査時間なども必要になりますが、最近では1時間以内の審査で済む場合がほとんどです。審査時間は利用者によって異なる場合もあるので注意した方が良いでしょう。また自動契約機などでも即日融資が可能なので、利用してみると良いかもしれません。

カードローンの無利息サービスの注意点

カードローンを初めて利用する時は無利息サービスが適用になるのでサービス期間中は無利息でお金を借りる事が出来ます。それにより加算される利息が少なくなるので返済する時の負担が軽減されるのがメリットになりますが、注意しなければいけない点もあるのでしっかり把握しておく必要があります。そこでカードローンの無利息サービスの注意点について見ていく事にしましょう。

・業者によって開始日が違う

無利息サービスは基本的に30日間になっていますが、業者によって開始日が違うので注意が必要です。開始日が契約日の翌日から、借入日の翌日からなど業者によって違うので無利息サービスの開始日をしっかり確認しておく必要があります。特に開始日が契約日の翌日からだとすぐお金を借りないとサービス期間が減ってしまうので注意しましょう。

・初めて利用する人でも他の条件が満たされていないと適用されない

無利息サービスは初めて利用する人が対象となっていますが、業者によってはそれ以外にも条件があります。初めて利用する人でも他の条件が満たされていないと無利息サービスが適用されなくなってしまうのでお金を借りた時に最初から利息が加算されてしまいます。無利息サービスが適用される条件をしっかり確認しておくようにしましょう。